,

温習会

kabren-entrance750

春の「都おどり」を観に行ったことはありますが、秋の温習会は未体験。親戚の伯父様のご縁で、先日、初観劇することができました。

soshina

伯父の先代からのお付合いだという「イ」(にんべん)お茶屋の芸妓さん、豆弘さん目当て。こちらは、代々お茶屋の娘さんで、生まれながらにして、なるべくしてなられた生粋の祇園芸妓さんです。今や全国から憧れて舞妓になられる方が多いなか、大変貴重な存在だと思います。

kabren-entrancejpg

kabsen-seki

舞台や芸舞妓さんの写真は撮れませんでしたが、歌舞練場の雰囲気だけ・・・

私は知りませんでしたが、この温習会を最後に、この祇園歌舞練場を建て替えしはるんですってね。
古くて味のある建物、私は好きなので、何やら寂しいです。

そして、おどりの舞台はというと、春の華やかな都おどりに比べて、井上流の日本舞踊、唄をじっくり魅せてくれます。艶やかな京の美意識が詰まった舞台でした。

豆弘さんは、男役の豆花さんと二人で「鳥辺山」を踊られました。
伯父に連れられて何度かお茶屋に行かせてもらってますが、舞台での豆弘さんは最高に美しかったです。
一瞬でも、切り取った写真が欲しいのですが、心には遺っています。
伯父も、「普段の豆弘は色気もあらへんのに、舞台では残像までもが美しい」とご満悦。
豆弘さんはお茶屋の女将として若い芸舞妓を仕込みながら、お茶屋、スナック経営をされていますから、そら、しっかりもしはります。

miw-ninben

温習会が終わってから、お茶屋「イ」に向かったのですが、女将ご本人が舞台に立ったということで挨拶回りにご多忙中。感動をお伝えしたかったのに会えませんでした。

chuka-noren

そして、隣の中華料理屋さんでお食事をしました。

miw-sach_chuka
母と。

tantanmen
白担々麺と黒担々麺、餃子・・・

miw-shirakawa2
白川沿いにて。

kanzashi-all

私がつけていた帯留、かんざし。こんなにいっぱい付けても派手すぎません。
なかなか、着物まで着て、似合うところにお出かけできませんから・・・遊ばせてもらいます。
売るほどありますからね〜
いや、本気でネット販売予定です。宝物みたいなコレクション・アイテムですが、使ってお見せしたい。
ほんまもんの素材、細工、デザインに目が肥えてしまいますが、それらを使いこなしてこそ、品格・・・ではないでしょうか?ちょっと、そんな大げさな気持ちを持って服作りもしてるんです。言うたって、誰かが遺してくれたものを材料にするんですから・・・昔の人の美意識がすごいんです〜

obidome-kiku_upobidome-kiku_up1

この度の着物は、藍染の菊の小紋に菊の染め帯。陶器の菊の帯留。菊づくしです。。。

kiku-kanzashi_upcho-kanzashi_up

頭にも、菊の葉っぱのかんざしを刺しました。琥珀に真珠。お気に入りすぎて、毎秋、つけています。
そして、百花堂の定番、翡翠色の蝶々かんざし、真珠付き。爽やか、華やかになるので、季節、和装洋装問わず、年中使えます。

141127霊艦寺BostonBG
紅葉の東山
昨年の秋も、着物で持っていたベルベットのバッグ。秋気分いっぱいの使いやすいバッグです。

”アレンジ着物コンテスト”ご案内

淡路島の「奇跡の星の植物館」様から、素敵なイベントご案内をいただきました。

奇跡の星の植物館「アレンジ着物コンテスト」

奇跡の星の植物館「アレンジ着物コンテスト」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の写真は、2月に催された「華麗なる蘭晩餐会」でのバイオリニスト立花礼子様です。
百花堂のドレスなら、コンセプトにぴったりですね!

イベント内容を下記に転載します。

アレンジ着物コンテスト

2015年 10月10日(土)
13時〜14時
(当日10時に博物館にお越しください)

テーマ:伝統とモダン
モダンな帯結びや着物をアレンジしたファッションなど、ヘアスタイルやメイクを含めた、和のコーディネートの提案を募集します。

会場:兵庫県立淡路夢舞台温室 奇跡の星の植物館 展示室5 フラワーショースペース
対象者:男女年齢を問いません。カップル、グループでの参加可。
募集人数:先着20組まで
審査方法:当日、奇跡の星の植物館フラワーショースペースで、ファッションショー形式の審査を行います。踊りなどを取り入れて、魅力的な動きを工夫してください。
※1組2分程度の音楽DVDをお持ちください。生演奏をしたい方はご相談ください。

審査員:木村英輝(絵師)
中野一郎(ヘアー&メイクアップアートスト)
辻本智子(奇跡の星の植物館プロデューサー)

優勝: 賞金5万円
準優勝:賞金3万円
特別賞:賞金2万円 (各1組)

お申し込みはFAXもしくはお電話でお願いします。FAX 0799-74-1201 TEL:0799-74-1200

このたび審査員を務める、平成の宗達・木村英輝(絵師)と辻本智子プロデューサーのトークショーも興味深いです。当日14:15〜

詳細は、奇跡の星の植物館ウェブサイトにてご確認ください。

,

紅葉の東山

先日の紅葉狩りの続き・・・
紅葉シーズンは全国、今や全世界から京都に観光客が来ますが、私自身、人混みを避けてこの時期に観光に出かけることはほとんどありませんでした。
神戸に続いて翌日木曜日の定休日、久々に着物姿で出かけました。
まずは銀閣寺からスタート。人が多いのに、海外の人も含めてとても静か。息を呑む計算され尽くした自然美の造形を前に静まり返っているようでした。

141127銀閣寺砂湖1

中国の湖を模したという白砂。広大なスケール感を演出しています。

141127銀閣寺錦紅葉

141127銀閣寺溝

彩り豊かな紅葉たち。
自然のようでいて、どこに視線をやっても、このように写真の構図に完璧に収まるようになっています。

141127銀閣寺眺望3

回廊しながら巡りめく風景。いつの間にか、銀閣寺の象徴を見下ろし、ここで大きな感動があります。

141127銀閣寺紅葉miw1

141127銀閣寺庭Miw3

141127銀閣寺庭Miw帯

きものは、楕円の大きなドット柄がかわいい結城紬。だいたい地味すぎて、結構な高級品であることに気付いてもらえないものですが、これは可愛げがあるのでお気に入りなんです。
帯は大正〜昭和初期の塩瀬のロウケツ染めに、舶来のビロードをアップリケして金糸・銀糸で縁取り刺繍したもの。これは10年前に一目惚れしたとっておきですが、このたび初めて締めました。
帯留めはオパールとエメラルド。大正〜昭和初期のアールデコ。
ショールは紺のシルクジョーゼットにベルベットの織込み。いかにもアールデコ柄なのがお気に入りです。

141127マンションmiw帯bac

141127銀閣寺茶屋miw

141127法然院山門1

そして法然院へ。

141127霊艦寺miw1

哲学の道を通りながら、霊艦寺へ。

141127霊艦寺miwbac

141127霊艦寺庭miwbac

141127霊艦寺庭髪bac

髪には赤い琥珀を彫刻した紅葉の菊の葉。銀の彫金に真珠。大正時代のお洒落なかんざしです。

141127霊艦寺BostonBG

このバッグはベルベット蝶・ボストンバッグ。蝶ブローチのモチーフがポイントのこっくりしたよそ行きバッグです。秋冬のファッション、きものにもぴったりです。よそ行きのおしゃれを壊さない範囲で、たくさん入る使い勝手の良さ。デジカメやスマホ、手ぬぐいに扇子、コンパクトな折りたたみ傘、化粧ポーチ、本・・・そんな欲張りさんにもしっかり応えます。

そして永観堂の前まで行ったのですが、平日なのにものすごい人に圧倒され、夕方寒くなってきたので帰宅しました。
どこを切り取っても美しい紅葉の風景と、久々のきもの姿にも美しい西洋人女性から「日本に来て一番美しい(エレガント)な女性に出会った」と褒められたことで、胸いっぱい満足の京都散策となりました。

ベルベット蝶 ボストンバッグ

,

Debut! 御朱印ガール☆ 京都編

続きまして、京都編です。

140824南禅寺疎水橋miw3

南禅寺の水道橋にて。
猫も杓子も判で押したように、こんな写真を撮りたがります。しかもひとりになるチャンスまで順番待ち(笑)。

140824南禅寺六道庭

六道庭。

140824南禅寺miw2

私は絹紗の蜻蛉縞の薄物を着ています。

140824帯frontup

写真にはあまり写っていないのですが、帯は「兎の餅つき」。ススキなど、秋の気配を現した銀の夏帯です。血赤珊瑚の兎形帯留をしています。何しろ、中国人は珊瑚大好きですから…。

140824永観堂縁側

永観堂の縁側にて。
永観堂もお庭が素晴らしいのですが、大雨になり、お庭の拝観どころでなくなりました。

そして醍醐寺へ。
京都としていますが、宇治の家から車で15分〜20分です。

140825醍醐寺奥寺

醍醐寺といえば桜の名所だけに、至る所が桜、桜、桜。
夏の夕方に訪れると、寂しいほど閑散としていて、ツクツクボウシの声が鳴り響いていました。
本番の華やかな春とは違い、奥深い山へつながる静けさがなんとも渋いのです。

140825醍醐寺池

東洋的な夢の世界にうっとり。
中国にはスケールの大きな庭園がありそうですが、とにかく人が多く、復元も多いのであまり行く気がしないとか…。

140825醍醐山池

そして作られた様式美から醍醐山の大自然へ溶け込むように、美しい景色が現れます。
山の源流水を庭園の池へ引いているのでしょうか。清らかな水が溢れる光景でした。

お参りしたお寺ごとに御朱印をいただき、近場だけであっという間に御朱印帳が埋まってきました。
お参り先で色々な国の方に会いましたが、昔のままの美しい姿を保っていることは本当に価値があるんだなぁと実感した旅でした。
外国のお客様に喜んでいただいたので、今後もガイドする機会が増えるかもしれません。
百花堂ショップにも新たなお客様をお迎えできるよう、準備しないと・・・そう決意した夏休みでした。

蝶かんざし

,

祇園新橋の桜 今昔

下から照らされた灯りで闇夜に浮かび上がる、桜と柳。反射する石畳。
夜桜がもっとも色っぽく映る、祇園白川沿い。
この界隈をちょっと通りがかると、毎回同じような写真しか撮れないのについ、デジカメを構えて夢中になってしまいます。
ライトアップの光源が強すぎて、桜の色が飛んでしまうのが残念です。
提灯だけだったら、なんとも艶かしい光景だったでしょうに。

120407祇園新橋通

120407祇園新橋miw

巽橋で判で押したようにスナップ撮影。
ストロボがないと映らないけど、そうすると白いブラウスとボウタイリボン、カーディガンの衿のドレープ、立体感がなくなりのっぺり真っ白に。

毎年色あせず花を咲かせる花街ですが、容赦なく月日は流れています。
18年前にここで撮った写真を思い出しました!

96新橋美和文子笑1

高校時代の同級生、あやちゃんと。
二人とも、大正時代のアンティークきものを着て、喜んでいます♪

96新橋美和文子2

やっぱり絵になるところ。
着物姿は色のある情緒に溶け込むだけの魅力があります。
時間を経ても、流行り物の恥ずかしさもなく、日本人でよかった♪という嬉しさがよみがえります。

百花堂のお洋服もそんな思いをこめて作っています。
素敵なシチュエーションでの、百花堂スタイルの写真を送ってくださると、とっても嬉しいです♪

TP032-010-120

, ,

一周忌

先日、父の一周忌に家族が集まりました。

本能寺恵昇院での一周忌法要のあと、すぐ裏の墓地でお墓参り。
京都ど真ん中の、ビルの谷間にあります。
母方の先祖代々がこの墓地に眠っています。
父は学生時代から京都で過ごしているので、生まれ故郷の山形と分骨し、母方の祖父と一緒に入れてもらいました。
生前は祖父と仲良かったので、いまごろ囲碁をしながら飲みかわしていることでしょう。

本能寺墓地

そしてお昼。
歩いてぞろぞろ移動、すぐ近所、木屋町御池上がったとこの旅館『幾松』にてお食事をしました。

幾松路地
何遍も通り過ぎている路地。初めて奥に。

気分は幕末京都へ観光気分。
歴史好きにはたまりません。。。

幾松玄関

幾松池鯉jpg

幾松部屋前
桂小五郎と芸妓・幾松の肖像画がお出迎え。

重要文化財の『幾松』の部屋へ見学に寄せていただきました。

幾松部屋

いざ、というとき(敵の侵入)に、この部屋の天井が一気に落ちるという仕掛けがあります。
部屋の前には黒塗りの長持ちがあり、ここに桂小五郎が息を潜めて入り幾松が新撰組をうまく追い払ったとか。
幕末波乱の鬼気迫る臨場感を肌で感じ、昔の女性は根性が違う、と感心しました。

幾松部屋鴨川

目前に広がる鴨川。
かつては対岸の川端通りの向こうまで広がる河原で、一度入ると戻ってこれないほどだだっ広かったとか。
整備された鴨川沿いの桜並木も美しいですが、野趣あふれる光景も想像するとロマンが広がります。
都人の憩いの場であり、文化・芸能の発祥であり、容赦ない氾濫のたびに水に流されてきた場でもあるのかなと…

14011一周忌幾松all

幾松maoyu1

幾松miwa
黒のレース付きブラウスとジゴ袖ジャケット、首もとに黒椿のブローチを。

幾松料理

お料理はご馳走ですが、器、盛りつけから見たとおり、凡庸な感じがしました。
幾松の部屋や幕末の面影に印象を持って行かれた感じです。。。
京都人の私でも幕末観光気分で、家族との集まりを楽しく過ごしました。
山形からはるばるお越しの父の兄夫婦が喜んでくださったのが何よりです。父も喜んでいることと思います。

食事後は隣のメリーアイランドのテラスを陣とって、ティータイム。
孝夫伯父さんのお誘いで、叔父と妹たちで祇園新橋のお茶屋『イ(いとへん)』に行く事になりました。

私はお色直しならぬ、黒づくめのままの”形直し”として和服に着替え、気分展開。
黒の十日町紬に黒繻子切りビロード織・黒椿の名古屋帯、黒繻子切りビロード織・雪結晶のスクエアバッグ、さっきまで首もとに付けていた黒椿ブローチを帯留に変えた黒尽くめの和服に、絞りの帯揚げだけ赤にしました。

140111イ前miwa
祇園新橋にて

140111イ前miw2
お茶屋『イ(いとへん)』前。

140111豆染
3年前、ここで舞妓さんだった豆染さんがすっかり立派な芸妓さんになっておられました!
このブログに一度書いたことあるのですが、こちらには何度か寄せていただいています。初巳
昔ながらのお座敷遊びが繰り広げられるのかと思いきや、今回私たちが伺ったお部屋はカラオケルーム!
こちらは舞妓・芸妓さんたちのお家で、仕込みの舞妓さんもおられます。
だからなじみのお客さんにも家のようにアットホームにくつろいでもらうところなんです。

140111豆染mao
豆染さんにお屠蘇をついでもらっている妹。

いでたちが真っ黒なだけで、一周忌の法事というのに遊びっぽい一日でしたが、普段離れている家族と仲良くできたらいいんです。
父は人と寄り合うこと、飲むことが大好きでしたから。

初巳

黒椿ブローチ TP031-003黒フレンチジゴ袖ジャケット

, ,

若葉色と桜色に染まる、春の西山散策

2月の日記「夕暮れ、冬の西山」に書いた、無彩色に苔と松の深緑だけを添えたような冬景色から、若葉色と桜色を加えたような春景色の移ろいを確かめたくて、改めて春の西山へ出掛けました。

吉峯寺お堂階段下

4月初旬の吉峯寺。桜はまだ3分咲きでした。

130403吉峯寺松-枝垂桜

吉峯寺 松と枝垂れ桜

吉峯寺お堂枝垂桜

平安末期の武士が出家して西行と改めた寺「勝持寺」へ。
西行桜が有名です。

勝持寺門

勝持寺外階段

勝持寺塀桜

勝持寺境内

勝持寺境内

勝持寺西行桜

西行桜。
薄曇りで逆光のため、鮮やかな姿を撮ることができませんでした。
桜の季節は花盛りなので、その場に立つとテンションが上がります。

勝持寺桜林

勝持寺赤椿

桜真っ盛りの影で咲く藪椿の赤に目を奪われてしまいました。

さて、今回のコーディネートのご紹介を。
若葉色濃淡に小豆色を効かした染め格子、綸子の小紋と、桜色無地に「桜」地紋の帯。
桜餅みたいでしょ。
桜色の帯の裏には、白の羽二重地に緑の雪輪、桜が舞う染め模様。たまにお太鼓の裏から覗きます。

若葉格子小紋と桜色帯

髪には紋黄蝶のブローチをかんざしにして。
このかんざし金具にブローチを通すと、髪形に合わせて角度を変えられるんです。
前からも見えるように角度を調整すれば、写真撮影のときに便利ですよ。

紋黄蝶 かんざし

若葉格子小紋と桜色帯 UP

珊瑚で桜を象ったアンティークの帯留を。

刺繍衿桜-緑格子

昭和初期の刺繍の衿。
若葉色の梯子に、「め組」「は組」「に組」と書かれた短冊が。桜が艶やかに彩る、粋な刺繍です。

紫桜房バッグ

きものの楽しみのひとつ、艶やかな桜柄の房バッグ。
紬や無地感覚のきものに、季節感のある京友禅の房バッグを合わせるのがおすすめです!
このたびの私の場合、桜餅みたいな色合いと近寄らないとわからない程度の桜モチーフを散りばめていますが
このバッグが艶やかなインパクトで引き締めてくれるんです。
房バッグの柄を選んで、お気に入りを見つけてくださいね。

急に、百花堂らしくまとめてしまいましたが(笑)、
みなさんも、きものでおでかけを楽しんでください。

帯留コレクションもございます。改めて、こちらで紹介(販売)したいと思っています。

紋黄蝶ブローチ杉綾格子桜房バッグ

,

衿付きストールときもの

最近続けて紹介した、洋服にもきものにもお薦めの衿付きストール。
洋服とのコーディネートはマネキンが見せてくれますが、きもの姿はなかなか紹介できなくて・・・
そこで、きものを着ているときに羽織って撮影してみました。

水玉絞り衿付きストール

水玉絞りの衿付きストールと紅白大島水玉絞りの衿付きストールと紅白大島

きものは紅白の大島紬と白地椿の名古屋帯。水玉絞りの衿付きストールと。
裏返しても黒地に控えめなドット柄なので、いい感じに似合っていましたが、写真がぶれてしまったので不掲載・・・

辻が花衿付きストールと大島紬辻が花衿付きストールと大島紬、椿柄房バッグ

辻が花衿付きストール

赤墨色辻が花染めの衿付きストールと。
淡いピンク(紅白の織りだけど)のきものにも似合います。
意外になんでも合うんです。
バッグは椿柄の房付バッグ。初代・房付バッグで、在庫はありません。
帯留めにも赤椿を。

ちなみに、最近続けて紹介していた、櫛と笄のセットも髪につけていました。

蝶の櫛笄蝶の櫛笄

それこそ、どうやって使うの?と言われそうですね。
私はこんな感じで使っています。
私はとにかく量が多い(全部地毛)ので、どんな豪華なかんざしにも負けません(笑)。
これは、黒鼈甲に蝶々の螺鈿。

ご購入いただくお客様は、きものに着慣れた方か、結婚式の日本髪のときに使用されることが多いようですね。
本物を身につけていると、気が引き締まります。
ずっと前ですが、洋服でも付けていました。
喪の漆黒スタイル-美和

最近、きものっぽいものばかり紹介しておりましたが、そろそろ新しい洋服をお見せしないといけませんね。
いましばらくお待ちください。

水玉絞り衿付きストール辻が花衿付きストール赤椿ブローチ金蒔絵撫子櫛笄

,

飾花の会にて

日曜日、数奇者・花人、栗崎昇が主宰する「飾花の会」へ行ってまいりました。

場所は京都ホテル北側東隣りの、元長州藩のお屋敷跡「廣誠院」。
数寄屋造りと見事な庭園を贅沢に生かした、素晴らしい花(生徒さんの作品)を見せていただきました。

写真撮影は遠慮させていただいたのでこちらでご紹介できず残念。
侘びゆく秋を表す、渋くて趣き深い花々(花器・花材・床の間)を間近で拝見しているとき、
広大なお庭(木屋町という町中にしては)の向こうに目を視線を移すと
池に浮かぶ小船に見立てた竹籠にバナナの葉と実、亜熱帯果実。少し離れて赤らめたアダンの実が。
バナナたちはアダンを誘うように身を乗り出しています。
まだ紅葉前の深い緑に茂ったもみじに覆われた池の小さな橋の上で、強烈なインパクトを放っていました。
花は一般に上品な姿を装っていますが、熱帯の裸子植物はダイレクトに官能的やなぁ。。。
完璧な庭園に、大真面目でやってのける潔さがあっぱれでした。

お薄(抹茶)とお菓子をいただき、素晴らしい空間を生かした花のおもてなしを堪能しました。

おもてなしの花人たちは全員、お客様も多くはお着物で来られていました。

091025sachi-miw-kana

右から、斬新な熱帯的生け花を披露してくれた叔母の加奈さん、私、左に母。
加奈さんの色無地の着物の背中にisisのマークが紋として染められていてびっくり。
帯はもちろん、isisのオリジナル、手描き更紗の帯です。

miwa-yuukitsumugikiku-fusaBG

私は珍しく、結城紬に袖を通しました。
一般的に渋〜い結城にしては藍の楕円模様がかわいらしく、かねてよりわくわくしていた着物です。
饅頭菊の図がかわいい房バッグを持って。

miw-kikuleaf-kanzashi-up

菊の葉っぱを象った、真珠付きかんざし。

着物も帯も抽象的で”花”がない紬なので、バッグとかんざしで”菊”を合わせました。
友禅(花など具象を描いたもの)の房バッグはこんなふうに、抑えめで無地感覚のきものにも
具体的な季節感をプラスしてくれるおしゃれ小道具です。

このバッグをはじめ、いろいろな大正時代の素敵な縮緬を用いた房バッグを揃えています。
日本の風情を感じるおしゃれアイテムとして、是非、挑戦なさってみてください。

,

祇園祭宵山は浴衣で♪

みなさま、今年はもう浴衣をお召しになりましたか?

私たちは今週の祇園祭宵山の日、珍しく姉妹揃って浴衣を着ました。
この6年間、お正月かお祭りくらいしかきものを着る機会がないのですが、たまには嬉しいものです。

宵山

私は木綿の白を際立たせるような紺藍1色染めの、浴衣らしい浴衣が好きです。

絽や縮緬の友禅のような、艶やかに「たらけた」絹のきもの、
絹や麻のちぢみのような、しゃきっと背筋の伸びるようなきものもいいけれど、
素肌に気持ちのいい木綿のカジュアルさ、ちょいと「粋」なのが浴衣のおしゃれですね。

桔梗浴衣いかり浴衣

(左)私は正当派。紺地に白の桔梗柄の浴衣です。
白の献上博多織(手織)の帯、白の帯締めに白の蝶ブローチ(百花堂オリジナル)を帯留めに飾りました。

(右)MAOはちょっとくだけてメンズライクな着方を。マリンルックを意識して、いかり小紋、昭和初期のハイカラな浴衣です。
着丈が小さいこともあり、「おはしおり」なしで、男のようにローウエストで兵児帯(へこおび)を締めて。紫地に絞り染めの水玉が愛らしい♪しごき風にサイドで蝶結びをしています。

百花堂にはきもの、ゆかたに似合う小物やアクセサリーも充実しているのです。

まずお扇子。
撫子柄扇子能登上布の扇子

私は昭和初期(戦前)のこどもの着物の縮緬を使った撫子柄の扇子。
シックな装いにも愛らしい彩りを添えます。

MAOのは、能登上布(麻・大正時代)の生地を使った粋な扇子。
麻の透け感が涼を誘います。

私のかんざしは

平打ちかんざし ヘアー平打ちかんざし

銀の平打ちかんざし(大正時代)…枝垂れ柳越しに臨む菊と舟。花街のような色っぽい風情です。
透かしになっているので、浴衣や薄物の着物に似合い、涼しそうです。

そして、翡翠色・ガラスの笄(こうがい・大正時代)です。
かんざしと異なり、左右両側から飾りが見えてとても使いやすいんですよ。
笄といえば漆蒔絵や鼈甲の渋いものが多いのですが、夏にはガラスがおすすめです。

平打ちかんざし、笄…本物志向の和装を目指す方は是非トライしてみてください。
また少しずつ、こちらで紹介しますのでご注目を!

バッグは
私は麻にトンボと桔梗を押し絵刺繍したバッグを持っています。
巾着布は近江上布(大正時代)を使い、本体は麻と牛革です。

麻バッグ トンボ浴衣と竹バッグ

(右)MAOが持っているのは竹だけで作られたアンティークの竹バッグ。
古いものですが、なんだかモダーンですね。
ひんやりとした竹の質感は、お洋服にも和服にも似合います。

いかり浴衣と魚ブローチ

マリンルックな浴衣には、ガラス製の魚ブローチを。
帯留めにしたかったようですが、今回は必要なかったので胸元に泳がせました。
こちらもカジュアルなガラス細工アクセサリーとして店頭に並びます。

マニッシュ帽

↑おなじみのマニッシュ帽を、クールなシルバーで被っています。

おはしおりなし、帯板も伊達締めもなし、帯の位置も低めなので、木綿ワンピースみたいに涼しいようです。こんな感じなら、お手軽カジュアルに楽しめそうですね。

今後も和装に似合うアイテムを紹介して参りますのでお楽しみに♪

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ