,

休暇中の京都たび(2日目)

今日はほんと、よいお天気で気分がいいですね。
reikoさんとの京都たび2日目も、空気は冷たいけれど明るい陽気がワクワクさせてくれる、散策日和でした。

春の気分をまとってお出かけしよう、とお気に入りの若竹色・椿ボタンコートの中に雪の結晶柄スカートを覗かせて足取り軽く駆けて行きました。

自分撮り足もと
地下道を駆け出すと、コートの裾から雪がキラキラ覗かせる。我ながら、これかわいいぞ♪と思い自分撮り。

細見美術館
まずは細見美術館。reikoさんが京都に来るたび訪れているような・・・。
今回の企画展は「花の協奏曲」。眩しい金地の春夏といぶしの銀地の秋冬、対の草花図など、おなじみの作品も実物を前にすると迫力ありますね。
草花への愛情が雅びな洗練をもって素敵な旋律を奏でていました。百花堂的気分が盛り上がり、テンションが上がってしまいました。

美先にて
岡崎通りを南に行って「美先」へ。数寄屋造りの建物を背にreikoさんをパチリ。こっくりダークなコート&ボトムにコーラルポップのプルオーバーを合わせて。こんなにラフに着てもスタイル抜群、いつもかっこいい〜☆

上野リチ・フライヤー
ウキウキするようなかわいらしいポスターを見て、興味を持っていた上野伊三郎+リチ コレクション展へ。上のフライヤー右が建築家の上野伊三郎、右が装飾デザインを手がける奥様のリチの作品を現しています。特にリチの自由奔放なデザインセンスに感銘&共感しました。アールデコを創り上げた当事者たちはどんなに楽しくやりがいがあったのだろうか、と想像します。周囲の状況を考えるとすごいモダン感覚です。あの「スター食堂」(私のイメージはちょっと古めかしい大衆食堂、祖母に連れられた記憶がある)もこのご夫妻の仕事だったんですね。レトロなかわいさいっぱいの私好みの展覧会でした。

建仁寺天井画
日本最古の禅寺・建仁寺へ。とってもアートなお寺です。お茶会や展覧会などのイベントごとに出掛けることもよくあります。迫力満点の天井画「双龍図」と仏像。

俵屋宗達陶板
俵屋宗達「国宝・風神雷神」。撮影し放題で「へ?」と思えば陶板でした。屏風もあります。

石庭と二人
石庭の前の縁側で。贅沢なひとときでした。

建仁寺にて
お天気がよかったのでキャップをかぶっていて正解!ターバンを風で飛ばないように髪の下で結んで固定するとフィット感抜群なんです。

地元だと、お寺や美術館をはしご、料理屋さん、と1日でいっぺんに体験することなんてめったにありません。
京都もオフシーズンはゆったりとしているので、自分の世界に浸れますね。

百花堂のお洋服は、風情のあるお寺にも美術館にも似合うから、お出かけが楽しくなります。
素敵なものに出会う準備OK!って感じでね。行くという能動的な行為に積極的な姿勢で挑めば、数倍楽しいです。

今回、reikoさんが提案した「淋派の旅」にお付き合いさせていただき幸せでした。

みなさんも旅のお話や写真があったら、どしどし教えてくださいませ。

ターバン付きキャップコーラルポップ プルオーバーシュシュ・コーラルポップ雪花ツイードスカート

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

, ,

冬の愛染倉 Aricoディナー・ライブ

先日、上賀茂の築300年の酒蔵・愛染倉でのAricoライブへ行ってきました。

夏椿はすっかり冬の姿へ様変わり。
夏椿とともに咲いた『ファムファタル的ワルツ』(前回のライブ)

当店のある三条と同じ京都市内でも、山が近く北に位置する上賀茂ではさすがに冷たい空気が肌を刺します。ですが、一旦建物の中に入ると、広々とした贅沢な空間が広がり、古い木造のぬくもりに包まれてとっても居心地がいいのです。

Aricoさんのピアノライブには何度も来ましたが、今回、新曲が増えてまたもや新鮮なライブとなりました。

Arico

ピアノ・コンポーザーArico誕生物語と絡めていろいろな楽曲を聴かせてくださいました。

唄うエリナさん

才能溢れる女性写真家、山崎エリナさんによる、Aricoさんオリジナル楽曲「ピーターズ・レストラン」歌バージョンを初披露。エリナさんは素晴らしい写真作品を創り出すだけあって、ピュアな歌声が会場に響かせてくれました。

ディナー

この会のもうひとつのお楽しみは千歳信也シェフの特別ディナーでもある♪
ジビエや季節野菜の野性的な持ち味を生かし、洗練されたお料理に仕立ててくれます。

Aricoとゲスト
ディナーの後、Aricoさんを囲んで。医学博士の吉本さん、私、画家の大杉さん、京大医学生とお母様、山中さん、写真家の山崎エリナさん、画家の夕香さん、守屋塾守屋さん。

ゲストたち

みんな素敵だけど、足もとはくつろぎのスリッパで。
私は百花堂らしい赤&黒コーディネート。(コレクション写真参照

素敵な大人の集いに参加して刺激になりました。
このArico愛染倉ライブは恒例となっておりますので、興味ある方は一緒に参りましょう!

ターバン赤椿ブローチ

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


,

Private Party☆FOREST PLANET

先日、名古屋の素敵なお宅のパーティーに招かれました。

テーマはFOREST PLANET(森の惑星)です。

パーティーホストの方はとってもおしゃれな男性、守屋塾の塾長さま。
パーティー上手なゲストがいらっしゃると伺ったので、はりきって百花堂流FOREST PLANETスタイルで乗り込みました♪

森といえば、green。
鬱蒼(うっそう)とした緑のグラデーションが会場を彩るに違いない!と思い、緑にこだわって大正解でした。

個人宅だというのに、こだわり尽くしたgreenのアート、森の晩餐会さながらテーブルに溢れるお料理たち!

野菜やフルーツ、花々が部屋を覆い、蝶々が戯れる・・・
そんな遊び心のある演出がいたるところを彩っていました。

どこもかしこも絵になりますが、素敵な演出に見とれる間もなく
着飾った「森の惑星人」ゲストたちでいっぱいになり、みなさんとお話に夢中になってしまいました。

お部屋とテーブル
宴の前のテーブル。

お料理を囲んで
お料理を取り囲んで

守屋さんとゲスト
前列右から2人目の男性がホストの守屋さん。カーキのジャケットにバナナの房ネックレスが野性的で素敵☆

ゲストたち
ダークな黒い森のゲストたち。

.

私のドレスコードは「苔むす森のミワツバキ」

びろうど苔をイメージした、上等のシルク生地を使ったタキシード・スカートと
蝶々柄のビスチェをスカートにインして着ました。

びろうど苔とは、ベルベットのようなコクのある深い緑の天然苔で、私は日本の湿潤な森をイメージします。
京都のお寺でも、この苔に苔を重ねむしたような鬱蒼とした庭園がありますね。
あのお庭を見つめていると、無機質な石庭とは対照的な、有機的な深みにはまり、
魂が無の境地に達する心地になるんです。

びろうど苔のイメージをそのまま表現したのがインプラント・シルクです。

インプラント・シルク緑インプラント・シルク緑スカート
贅沢などっしりとしたシルクの質感を強調して同色に染めたシルクサテンと組み合わせた、タキシード・ライクなシリーズ。

蝶々柄フリルビスチェ苔森とドレッシーコート
(左)蝶々柄ビスチェはフリルがゴージャス。パンツと組んでカジュアルに着ていましたが、今回初めてスカートのカマーバンドベルトにインしてみました。
(右)インプラント・シルクのマキシコートを着て、びろうど苔に覆われた森と一体になる。

何かに見立てて表現するクリエイティビティー。
想像の翼を広げる舞台を日常に持ち込むのが、パーティーだと思います。
誰でもがキャストであり、演出家なのです。

お洋服を選ぶこと、着ることは
誰しもに与えられた表現ツールだと思います。

流行だけがファッションじゃない。
テーマ(ドレスコード)に沿った演出家になるのも楽しいものです。

来年は、ぜひ百花堂らしいパーティーを!
クローズした空間の中で遠慮なく楽しんでいただける舞台を設けたいと思います。

花いっぱいの、表現ツールを取りそろえて、
来年も皆様のご来店をお待ちしております♪

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

,

Le petit ballet des Rolly@SFERA

スフェラ・エキシビションにて、何やら不思議な、闇に浮かぶ光のバレエを見てきました。

Le petit ballet des Rolly1

Le petit ballet des Rolly2

何がなんだかわかっていなかったので、

光の物体がコロコロ転がって、左右の羽をパタパタさせながら踊ってるぅ・・・
しかもひとつひとつがスピーカーとして音楽を奏でている。。。
機械なんだけど生き物みたい!

と、見ているうちに飲み込めてきました。

サウンドプレイヤー「Rolly」に、
10台それぞれ楽曲に合わせたモーションをプログラムし同期をとっているのですね。

sonyのサイトによると、付属ソフトウェア「Motion Editor」を使って、自分のオリジナルモーションを作成できるそうですよ。

ものづくり(ハード)とデジタル(ソフト)の発達と融合をクリエイティブにとらえたものだと思います。自分でモーションを打ち込むと、たちまち生命を吹き込まれ愛着がわきそう。
機械にも愛情を注ぎ込む、ロボット大国・日本人らしい発想ですこと。
先日講演会に参加した高橋智隆さんを思い出しました。
でもこれは、普通に使える音楽プレイヤーなのです。

グラフィカルな写真作品展もかっこよかったです。

オノセイゲン+新良太+井上嗣也 3人展「LOUD VISION Kyoto」
会期  2008年12月11日(木) – 2009年1月13日(火)
会場  スフェラ・エキシビジョン(京都スフェラ・ビルディング内)

京都で活動する写真家、イラストレーターさんたちに出会いました。

オーヤギカヲリさんと
オーヤギカヲリさんと。

素敵なイラストのポストカードをいただきました。
いっぱいあるなかで、私は彼女のウェブサイト・トップページの作品を選んでしまいました。
ファッショナブルな作品をご覧ください→オーヤギカヲリ・ギャラリー

私はシャイニー・コートを着ています。華やかなシャイニー感があるので冬でもパーティー・おでかけの時には季節問わず重宝しています。真っ赤な絞りのシュシュをトップでくくっています。明るいワントーンスタイルにゴールド革&ミルクホールのボストンバッグが映えまくりです。
MAOはプルオーバー雪花ツイード・スカートです。ヴィンテージのシルバーコートを羽織って。

,

パリコレモデル選考会

先日、パリコレモデル選考会へ行ってきました。→JSCウェブサイト

若くて美しいモデルさんたちが夢の大舞台「パリコレ」を目指します。
ゲスト審査員のキュートな土屋アンナちゃんは
「個性はみんなそれぞれなんだから、他人と比べないで自分らしさを大切にして欲しい」
とモデルさんたち(観客にも?)アドバイスをしてくれていました。

モデルさんと
モスクブルー・ドレスコートを着たmao、土屋アンナと審査員を務めたアークコーポレーションの山中さん、ユリ柄ブラウスをお召しのAricoさん、私服姿のモデルさんたちと。

ステージでは抜群のプロポーションと華やかな衣装を披露した彼女たちも、プライベートではすっかりナチュラル・ガールに変身☆リラックスされた様子でした。特別賞・優勝・準優勝のモデルさんに挟まれ、私も思わずつられてモデル立ち・・・?

優勝したモデルさん(1名)はパリ・オートクチュール(今度から仲間入りするクロエ!)のランウェイへと旅立ちます。「日本の美を見せつけてきます!」なんてカッコイイことおっしゃってましたよ。頑張って欲しいですね。

……………

この選考会で出演モデルの美をサポートしたピュアラ広報ブログに詳細をリポートされています。

審査員を務めた山中さんのブログでは、画家の夕香さん、書家の亜衣さんがアンナちゃんとの一コマをレポートされています。

アンナちゃんはキュートなだけじゃない、しっかりしたご自分を持ってられましたよ。

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

,

秋の松島

久々の日記です。ご無沙汰してしまいました。
これからはりきって更新するので、覗きにいらしてくださいね。

先日、仙台に行ってきました。
目的は11日にブティックをオープンした友人を訪ねること。(後ほど改めて書きます)

日本三景のあの「松島」が仙台にすぐ近くだったのですね。
ちょっと足を伸ばして行ってきました。

円通院
京都より一足早く、紅く彩る円通院の美しい庭園。ちょうど昨夜14日、NHKで中島美嘉さんのライブロケがあったのですね。

円通院にて
紬のトレンチコートを着て。表・裏、総シルクで軽い!

円通院にて
お気に入りの翡翠色の蝶バレッタを付けています。こちらは在庫がほとんどないのでサイトで紹介していませんが、ただいまリニューアル製作中です。

鐙武蔵
店で生けたときに衝撃だった武蔵鐙の実だと思う。海の近くに自生するということなので。不気味さにそそられました。。。

松島にて
日本三景「松島」の海を背景に。
シックなトレンチコートの下は華やかにしたいので、美しい紫蝶ブラウスを。セーターとロングコートなんて味気ないから、できるだけ華やかブラウスを優雅に着たい。寒そう?いいえ、ブラウスの下に細身のセーターを着ているから平気です。ボトムはウールジャージーの風紋エスカルゴスカート。乗り物の長時間移動でも楽ちんで、旅に”持ってこい”なのです。

松島、五大堂

松島の月
夕日が沈みかける頃、東の空には満月が昇っていました。
「松島や・・・」松尾芭蕉の有名な俳句のとおり、これ以上の言葉が不要な、日本の絶景でした。
.

街中でも自然でも、私たちが提案するスタイルが際だって映えることを目指しています。

たまには外へ飛び出して、リアルなHYAKKADOスタイルを紹介したいと思っています。
みなさまのHYAKKADOスタイルも、是非お見せください!楽しみにしております。

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

風紋エスカルゴスカート紫

『芸妓Haaaaan!』

京都カラスマ大学」の開校第一回目の授業『芸妓Haaaaan!』に行ってまいりました。

京都生まれ、京都育ちの芸妓さん”真箏”と、JAZZシンガー”MAKOTO“という2つのお顔を持つ異色の伝統芸能体現者による授業でした。

同じ京都でも花街は特別なところ。
伝統的なしきたりにも、ひとつひとつ意味があって、なるほど〜と納得しました。

たとえば、いちげんさんお断りのお茶屋さん。
信用のあるおなじみさん繋がりで昔っからず〜っと現在に至っているってすごいです。

舞妓さんは、若い見習いさんからお姉さんになるに従って、髪型(桃割れ→赤い鹿の子からピンク、水色へ)や着物の柄など、おぼこいものから少しずつ大人っぽくなっていかはります。もちろん、芸妓さんになってからも年齢に応じて、芸と、シックな色気のある個性を徐々に磨かれるのです。
街で出会ったら、教えていただいたところに注目してみようっと。
NHKテレビ小説『だんだん』を見るのにも楽しみが増えました。(明日10/30芸妓さん役として出演されるそう。ブログ注目!)

さて、真箏さんのお着物は黒地に紅葉が品よく描かれた小紋。とっても素敵でした。
私は黒地に紅葉とピンドット(細かい水玉)のトップをニットに重ね着。こんな奇遇に嬉しくなって、写真をパチリ。

真琴さんと

以前はパーティーでお会いしました→BMW Mini international KYOTO パーティー

この授業について、さっそくブログにレポートされていました→京女のつれづれ草

Live『 縁 』(11/9 大本山 百萬遍 『知恩寺』)ではJAZZシンガーMAKOTOさんに会えますよ!

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

「京都カラスマ大学」開校式

誰でも学べる、「京都カラスマ大学」はじまりました。

京都を介して学ぶところ。
京都に住む人、京都で働く人が、ユニークな授業をおこなう。
洛内の、全国の、世界の人が京都に集う。いわば、京都のすべてがキャンパスです。

聞いたこともない試みなので、とにかく興味津々。
昨日は金剛能楽堂での開校式へ行ってまいりました。

高橋智隆とFT
ロボットクリエイターの高橋智隆さん。フェミニン・タイプ(FT)を披露されました。

愛情の眼差しを集める高橋さんのロボットたちは、人型機械ではなく家族ロボットなのです。
一貫しておひとりで製作することにこだわっていらっしゃるので、
性能・姿・動きすべてに高橋さんのセンスが表現され、他にない個性が発揮されています。

ものづくりと学術を自己流で育む街”京都”が生んだ、愛すべきハイテク・キャラクターたちです。

高橋智隆、西堀 耕太郎、木村 宗慎

高橋智隆さん(ロボット・ガレージ)、 西堀 耕太郎さん(京和傘日吉屋五代目)、 木村 宗慎さん(芳心会/茶道家)によるパネルディスカッション『Think 京都!!』。西堀さんの開閉式ランプシェードの構造に見入る高橋さん。さすがです。。。

伝統=革新の連続

京都の伝統文化は過去・現代・未来へと常に進行しています。
後世へ伝えるだけでなく、新しい方法、価値を模索しながら継続していこと。
京都発信の意味について、ジャンルの異なる人たちと、私自身、共有意識を確認しました。

マイペースなのは流れに乗せられないなりの軸があるから。
時代に流されるのではなく、いつの時代も日常のなかにとけ込む術を独自に開発している。
時代の空気をつかみながら、軸を変えずに永続していくこと。。。

自然なことだけど、それがなかなかない。
個性的なのに文化に根ざしているから奇のてらいがなく、魅力的なんですね。

ここ近年、文化(経済)のグローバリゼーションが急速に進んでいますが、
ちょっと立ち止まって、全国、世界の人たちに感じてほしいですね。

「教える」と「教わる」を自由に行き来できる教育。
「教わる」と同時に、私にも伝えたいことあるぞ、と刺激になりました。

是非みなさんも、「京都カラスマ大学」に参加して、京都の今を学びながら育てていきましょう。

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

,

CINQUECLASSICO☆神戸のダンディーな夜

男性の厚い胸を覆いながらしなやかにウエストへシェイプされたフォルム。男性を完成されたスタイルへ導くスーツたち。
永遠のダンディズム、本場イタリアのクラッシックスタイルはかっこいい。

そんな男のおしゃれスタイルを提案する神戸のセレクトショップ、CINQUECLASSICOのリニューアルパーティーへお邪魔しました。

私はカメラを持参していなかったので写真でレポートできないのですが
お店の雰囲気はこちらのブログをご覧下さい。

ベルギーでご活躍のアーティスト、Daisaku NAGAI 氏の作品がお店の雰囲気に映えていました。
Daisaku NAGAI展覧会

マライアさんたちと
おしゃれなハンチングをかぶったラ・コッポラ・ストルタ神戸店のマライアさん。私たちの写真を一緒に撮ってくださいました。ぞの前にはジュエリーデザイナー、クアラントットの愛佳さん。手前のグレーのスーツの男性はCINQUECLASSICOで全身コーディネート。惚れ惚れするようなきれいなモーブの、ステファノ・リッチのネクタイが映えていました。

CINQUECLASSICOのパーティーレポートはラ・コッポラ・ストルタ神戸店ブログ記事にご注目をください!

私は揚羽蝶柄の揚羽蝶スリーブドレスを。珊瑚色の揚羽蝶には珊瑚のネックレス、ポニーテールにオリジナルの白地に珊瑚色の鹿の子絞りのシュシュ、珊瑚の玉かんざしを挿しました。MAOはシャイニー3重織 “ミルクホール”のミニドレスを。
お店のお客様が、オーダーしたお洋服を着こなして楽しんでいらっしゃる…なんて素晴らしいこと☆

神戸らしい気の利いたお洒落人たちとたくさん出会い、とっても素敵な夜を過ごしました。

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 コメント/作成者:
,

華麗なる指揮者 西本智実のコンサート

27日、女性指揮者・西本智実さんのクラッシック・コンサートを聴きに京都コンサートホールへ行きました。

漆黒の刺繍で飾られた燕尾服に華奢な体を包んだ彼女は、まさしく噂通り、「男装の麗人」もしくは「ロマン派の美青年」という風貌。厳粛に満ちた立ち振る舞いで指揮台に立ったかと思えば、やさしく、力強く、演奏のハーモニーを自在に操る魔術師のよう。彼女のりりしい後ろ姿と、垣間見る端正な横顔に魅せられ、オーケストラとの抜群の呼吸にすっかりはまった観客たちは、演奏が終わると同時に熱狂的なスタンディングオベーションを送りました。

オーケストラのクラシックコンサートに行くことさえなかった私は、この観客の押し寄せる熱狂に包まれる経験も初めてだったので、「クラッシック・コンサートっていつもこんな感じなんですか?」とお隣席の朋子さんに尋ねると「西本さんのコンサートは特別」だそう。

西本さんの活動を初期の頃からご存じの山中さんと楽屋へ伺いました。
あの厳粛な風貌の彼女とは違う、リラックスされたやさしい西本さんにお会いでき、大変光栄です。
テレビ取材もあり、ご多忙中なのであまりお話はできませんでしたが、新しい出会い、新しい楽しみが増え、とても満足です。


西本智実さんと楽屋にて
左から、私、画家・佐藤潤氏の奥様の朋子さん、西本智実さん、山中さん。

京都コンサートホールにて

さて、この日の装いは・・・

朋子さんはこのたびのコンサートのために、縞の単もの(紬)を誂えたそう。アタのバッグと爽やかに。
朋子さんらしい線の細さが優しい色の縦縞に現れて素敵ですね。

私も、揚羽蝶スリーブドレスをこの日に合わせて作りました。
楊柳(ようりゅう・縦方向にシボが入ったしなやかな絹織物)に、葡萄の蔓と揚羽蝶が描かれた、いかにも大正ロマンなきもの生地です。イブニング・ドレス仕立てにロングにしたかったのですが、生地が足りず・・・

観劇・コンサートのゲストとしては、ドレスアップして参加することが主催者への敬意の表れだと思います。
気分の高揚感が違うと思います。
出演者は「黒」で統一しておられますが、ゲストは自由に色とりどりに、ゴージャスに決めた方がいいんです。
.
今年の春夏に登場した揚羽蝶スリーブドレスは、秋冬の色柄で登場予定です。
イブニング・ドレス仕立てのロングドレスもお楽しみに♪

……………

NHK「課外授業 ようこそ先輩 本日放送があったのですね。
BSー2   9月2日(火) 15:55〜
教育テレビ 9月8日(月)  1:05〜

揚羽蝶スリーブシリーズ

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ