深山竜胆、油ドウダンツツジ

初秋の野山の風情を、レジ横に生けました。
深山竜胆、油ドウダンツツジです。

竜胆ドウダンツツジ竜胆

万作、紫蘭

新緑の緑も日増しに濃くなってきました。
山の景色を一部取り入れるだけで、爽やかに感じます。

万作、紫蘭

150511紫蘭up150511紫蘭

控えめに佇むも、ビビッドに際立つ紫蘭。
日本の欄は高貴で美しいと思います。

,

椿を求めて法然院

目に青葉・・・新緑が美しい季節ですね!
私は藤を観に行きたかったのですが、予定が立たず残念・・・
新しい日記を書く前に、アップしそびれていた、ちょうど一月前の写真をアップします。

若葉の瑞々しい青みが足りない季節、青竹や深い常緑の葉と樹木や土の茶色という渋い冬の世界に、紅色の濃淡の色づき始める春は気分を華やかせてくれます。

竹藪と赤椿

深い青竹色と藪椿の赤。一輪でも存在が際立ち、色気を感じます。

法然院藪椿

法然院miw1

お気に入りの椿柄銘仙プリーツスカート。降水確率0%だったら、絶対コレ!銘仙は雨に濡れるのが苦手ですが、光を受けると鮮やかな光沢を発します。

椿手水鉢up1

椿のお寺、法然院では有名な手水鉢。私のスカートとリンクして、嬉しさに顔がニヤけてしまう。。。

霊鑑寺生垣椿up

もうひとつのお目当ては、椿の門跡寺院尼寺「霊鑑寺」の垣根の椿。門の空いている時間に間に合いませんでした。

150402tetsugaku-sakra

今や、国際色豊かな賑わい、「哲学の道」。
渋いなかで際立つ「椿」と打って変わって、視界まるごと華やかに見せてくれる「桜」。ピンクづくしの華麗な世界を堪能した、ある午後の散策でした。

この華やかな光景にも負けないくらい人目を引く百花堂のお洋服?
行き交う人々に、写真をたくさん撮られました。佐賀錦の豪華な帯ベルトと鮮やかな銘仙プリーツスカートの組み合わせに感動して、ブログに書きたいと声をかけてくださった方、ご掲載の際にはご報告くださいね〜♥

夏ハゼ、鳶尾

店内にも初夏の風を。夏ハゼと鳶尾(イチハツ)を生けています。

150421夏ハゼ鳶尾up

敬翁桜 早生の桜、咲きました

2月から3月にかけて、多忙を極めていたので余裕がなかったのですが、1ヶ月過ぎてしまった花の写真をUPします。少人数で店と、百貨店準備と、そしてマオが出産を控えて我が家に来ていて落ち着かないまま過ごしておりました。

梅盛りの天神さんの2月25日。ちょうど定休日の水曜日、朝7時のギリギリまで我慢していたマオがついに足立病院に電話をかけ、母と私の3人で歩いて病院へ。
そして9時台に無事、男の子を出産しました。

午後、用事で店に行くと、昨日生けた「敬翁桜」の花が咲いていました。早咲の桜です。

敬翁桜

敬翁桜150225敬翁桜up1

あれから1ヶ月経ち、街でも桜が咲き始めています。
賑やかになるこれからが楽しみです。

猫柳、都忘れ

光の春。
凛とした空気に、明るい光が春を運びます。

150221猫柳

150221猫柳_都忘れ

日向ぼっこする猫ちゃんのように、呑気な窓辺。
猫柳の芽が、ここでみるみる膨らんできました。

おもと、羽子板

本日、初売り。
ドアの前におもとを生けました。

150103おもと羽子板door

150103おもとup

150103羽子板

ちょっと昔の、上等の羽子板と。

サンゴミズキ、錦木、アネモネ

緊張感のある深紅のサンゴミズキと葉が落ちた渋い錦木、紅色のアネモネを覗かせて。
三種生けのお生花です。

141208ポピー錦木サンゴミズキ

141208ポピーup

141208クリスタル器

ちょっとクリスマスを意識して。
初めて、クリスタル・カットの器を使いました。

赤芽柳、水仙

葉が落ちた後の、冬の景色。
清らかな水仙の香りを漂わせて。

141202赤芽柳水仙

珊瑚みずき、アンスリウム・山錦木、日本水仙

いよいよ、京都も紅葉真っ盛りのようですね。
私も紅葉狩りに出かけたいですが、店の中でも深まる秋を感じています。

珊瑚みずき、アンスリウム
141111珊瑚みずきアンスリューム店

赤い線の構成。クラシックな型のなかにもモダンな様相をみせて。

141111珊瑚みずきアンスリュームup

山錦木、日本水仙
141117山錦木日本水仙2

錦木の紅葉が日増しに濃くなっては毎日葉を落とし、
小さな空間にも秋の風情を感じさせてくれます。

141118山錦木日本水仙up

店のカウンター上に置きました。
水仙の花が開き、気品のある甘い香りに包まれています。