青雪輪ラップドレス

青雪輪ラップドレス

美しい青のラップドレスを紹介します。

青雪輪ラップドレス青雪輪ラップドレスup

フランスへ移住されたお客様から、「洗えるきもの」のラップドレスをリクエストされました。
日本のように、高水準のドライクリーニングがお約束されない海外事情もあり、絹より気軽に着たいとのこと。「洗えるきもの」=ポリエステルですが、上質で魅力ある着物は絹が多いので、センスの良さで探さなければなりません。そこで素敵な反物をキープしていたことを思い出しました。青の濃淡を両面染めした控えめな「雪輪柄」。とても静かでクールながら、印象的な青のラップドレスができました。

「雪輪」=雪の結晶を表しますが、外国人どころか、現代の日本人でもパターンを知っていなければわからないでしょう。雪の結晶を簡略化し、更に三ヶ月のように欠けさせ、露芝パターンのような配置の粋な小紋です。こういう、ひねりの効いた意味を説明するのもちょっとした会話が生まれて楽しいですね。
ベルトリボンや袖裏が裏返っても、表の濃紺に対して浅い青を染めているのでいい感じです。

青雪輪ラップドレス 房バッグ青房バッグ、青雪輪ラップドレス

冷めたブルーの、情緒的なアンティーク縮緬・房バッグを持たせてみました。
百花堂・房バッグコレクションも、改めて紹介しますのでお楽しみに♪

近頃はリクエストに応じて受注生産することが多くなっています。既製服であろうと、オーダーメイドであろうと、一点ずつの手作りですから、お時間さえいただければ製作可能です。お手持ちの着物や反物でも対応可能です。「洗える着物」の材料代は極力低く設定していて、浴衣ドレスなんかだと、多少でも数をまとめて作るから低価格が可能なのです。お持ち込みの場合、費用はその型のベースライン程度です。(改めて設定するつもりです)

ウール 葡萄ラップドレス

ウール葡萄ラップドレス

深みの秋色、ウールのラップドレスを紹介します。

無地ウール(着物地)でスーツを作ったことはありますが、ワンピースは初めてです。
今回は、シックで雰囲気ある葡萄柄のウール反物を入手したので、普段着〜お洒落着に素敵なラップドレスに仕立てました。

ウール葡萄ラップドレス ウール葡萄ラップドレス

ウール葡萄ラップドレス ウール葡萄ラップドレスup

プリントではなく織り柄です。葡萄茶(えびちゃ)色の葡萄の葉と、地の黒糸が影響し合って、地色は黒い焦げ茶色。深い色味が渋いですが、柄いきに華があるので、存在感があります。

シルクほど繊細でないので、気軽に着られます。
お洗濯はドライクリーニングか、エマールのような中性洗剤で手洗い+軽めの脱水をお願いします。

更に寒い季節には、ロングブーツやタートルネックセーターと合わせると暖かいですね。

このラップドレスはサイズの幅も広いので、是非、ご試着なさってみてください。
遠方の方にはお送りいたしますので、お問い合わせフォーム(contact)からご連絡くださいませ。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: 毛100%
裏地:キュプラ100%

¥37,000+税 (販売終了しました)

藤鼠色 絹絽ラップドレス

藤鼠色 絹絽ラップドレス

少しグレイッシュな藤色、大人のニュアンスカラーの絹絽ラップドレスを紹介します。

藤鼠色 絹絽ラップドレス 藤鼠色 絹絽ラップドレス

さらさらとした絹絽は、快適な着心地で涼しいです。本来、襦袢と重ねて手足の先まで覆う夏物ですから、素材で涼しくできています。洗えるきものとの違いは、さらさらに”しっとり”が加わることでしょうか。お肌に気持ちが良いのが正絹です。

藤鼠色 絹絽ラップドレス

 極細の線で弧を描き、抽象的な草を表しています。ニュアンスカラーに繊細さを乗せ、大人の上品フェミニンを演出します。

写真のマネキンは170cmあります。背の高い方だと膝上になります。膝下丈の大人バランスで着ていただくには160cm以下の小柄な女性に向いています。

お出かけ、お呼ばれの場で目を引くドレスです。お洗濯はドライクリーニングでお願いします。


 

7号〜9号の方に
表地: 絹100% 
裏地:キュプラ100%

¥54,000+税(販売終了しました)

源氏香紫 ラップドレス

源氏香紫 ラップドレス

とっておきの薄物(夏の絽や紗)美しい紫に手絞りの源氏香、正絹のラップドレスを紹介します。

源氏香紫 ラップドレス 源氏香紫ラップドレス

源氏香紫ラップドレス 源氏香紫up
正真正銘、大正時代の絹織物です。デジタル画像では紫がどうして表現できないのでしょう?赤光りしたり
青い影を作ったり・・・。実際には、とても美しい紫です。しっとりと柔らかいシルクの風合い、美しい紫の発色、そして縞状のシースルーに浮かぶ細かな蝶々の地紋と手絞りの源氏香。上品に、和の素敵が凝縮された贅沢な絹織物です。
蝶々の地紋は全体に散りばめられ、光沢の加減で浮かびます。なかなか見えにくいのですが、一度見え出すと、かわいい!と感激ものです。自己満足に近いさりげなさですが、大正時代の品の良い絹織物は微妙な凝り方をしているものです。

さすがに「洗える着物」とは格が違い、お値段も生地の原価が何倍も違います。しっとりと柔らかくお肌に馴染む心地良さは最高です。ウエストリボンはシルクジョーゼットを使用しました。ふわっとエアリーなアクセントになります。

紗の一種ですが、洋服感覚ではあまり季節を問いません。

写真のマネキンは170cmあります。背の高い方だと膝上になります。膝下丈の大人バランスで着ていただくには160cm以下の小柄な女性に向いています。

お呼ばれの場で目を引くドレスです。お洗濯はドライクリーニングでお願いします。


 

7号〜9号の方に
表地: 絹100% (大正時代)
裏地:キュプラ100%

¥74,000+税(販売終了しました)

黒絽 葛 ラップドレス

黒絽 葛ラップドレス

黒絽に葛(くず)模様の洗える着物を使ったラップドレスを紹介します。

黒絽 蔦ラップドレス 黒絽 蔦ラップドレス

漆黒の黒に映える型染めの葛(くず)。里山、野原どこでもある夏草ですが、具象的な植物を添えられるだけで風情を感じます。日本のおしゃれですね。

黒絽 葛ラップドレス 黒絽 葛ラップドレス

枝の描きぶり、空間の取り方がいいですね。ブルーの枝と一部の赤い花がアクセントになっています。

シースルーの黒絽にスカート部分のみ黒の裏地をつけています。黒のキャミソールをインナーに着てください。洗えるきもの(ポリエステル)とはいえ、和情緒のきものなので、量産のお洋服とは違う特別感があります。

お洗濯は洗濯機で洗えます。網目の細かなネットに入れて洗ってください。脱水を軽く(1分以内)してハンガーに干すだけです。低めの温度でアイロン仕上げをするとスカッとします。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: ポリエステル100%
裏地:キュプラ100%(スカート部分)

¥30,000+税(販売終了しました)

鹿の子グレーグラデーション ラップドレス

鹿の子グレーグラデーションラップドレス

一見モダンなラップドレス。よく見ると鹿の子絞り風のドットがグラデーション、そんなユニークな洗える着物がシックな大人服になりました。

鹿の子グレーグラデーションラップドレス 鹿の子グレーグラデーションラップドレス
グレーの濃淡で、緩やかな流れを斜めに構成しています。鹿の子絞り風の水玉がみずみずしく感じられる不思議な感覚です。
鹿の子グレーグラデーションラップドレス
ニュートラルな和モダン。どこにもないユニークさを主張しながら大人シックな着こなしができそうですね。季節感もなく、オールシーズンお召しいただけます。寒い季節なら、タートルと重ね着すれば、機会も広がりそう。

お洗濯は洗濯機で洗えます。ネットに入れて洗ってください。脱水を軽く(1分以内)してハンガーに干すだけです。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: ポリエステル100%
裏地:キュプラ100%(スカート部分)

¥29,000+税(販売終了しました)

紫縮み紗 ラップドレス

紫縮み紗 ラップドレス

見た目は絹の縮みような、透明感が涼し気なラップドレスを紹介します。

 

紫縮み紗 ラップドレス 紫縮み紗 ラップドレス

紫縮み紗
縮みの紋入り紗。高級な夏の絹織物のようですが、こちらも洗えるきもの(ポリエステル)。透明感のある紗にイネ科の草模様がなんとなく浮かびます。写真より実際にはもっと表情があります。本物の絹織物は素晴らしいですが、汗ばむ夏は洗濯機で洗える手軽さとリーズナブルなところがありがたい。ポリエステルでも風情はあるので、大量生産の洋服とは全然違う味はあります。

縮み特有の縦皺のようなシボがあります。お肌に密着せず、風通しが良さそうです。裏地はスカート部分のみ。袖や身頃は涼しさの演出のため裏地をつけていません。ですので、濃い色のキャミソールを下に着てください。きもの感覚では白の夏襦袢を着て地模様を見せるのですが、それはきものと同じ形の重ねだからで、下着の形まで目立ってしまいます。濃い色なら気になりません。

お洗濯は洗濯機で洗えます。ネットに入れて洗ってください。脱水を軽く(1分以内)してハンガーに干すだけです。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: ポリエステル100%
裏地:キュプラ100%(スカート部分)

¥32,000+税(販売終了しました)

紺更紗と緑縞 ラップドレス

紺更紗と緑縞 ラップドレス

ちょっとエキゾチックな、更紗とストライプを縞状にしたラップドレスを紹介します。

紺更紗と緑縞 ラップドレス 紺更紗と緑縞 ラップドレス

紺更紗と緑縞

更紗小紋と縞、異なる要素を大胆な縦縞に。きものやラップドレスは大胆な縞や縦の切り替えが粋に見えたりします。緑と紺という配色も素敵です。

絹でも、綿でもない、洗えるきもの(ポリエステル)です。
柄も素材も、季節感はありません。オールシーズンお召しいただけて、扱いが楽。
それでも大量生産品にはないオリジナル感が魅力です。

お洗濯は洗濯機で洗えます。ネットに入れて洗ってください。脱水を軽く(1分以内)してハンガーに干すだけです。クリーニング店のような仕上がりを望まれるなら、低い温度で軽くアイロンで仕上げてください。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: ポリエステル100%
裏地:キュプラ100%(スカート部分)

¥29,000+税

白黒ストライプ ラップドレス

白黒ストライプ ラップドレス

白地に墨汁で描いたようなストライプのラップドレスを紹介します。

白黒ストライプ ラップドレス 白黒ストライプ ラップドレス
白黒ストライプ
表情のあるストライプで、地紋にも表情があります。和風でなくても洋服地にはない感覚です。縦縞は、身頃のバイアスとうえすとの真横、スカートの縦方向、と流れを作るのでラップドレスを格好良く見せます。縞の方向の構成によってリズムが生まれるのです。

絹でも綿でもない、「洗えるきもの」(ポリエステル)です。「洗えるきもの」として着るより洋服にしたほうがモダンな感覚が生きてくると思いました。
絹でも綿でもないポリエステルは、涼しくも暖かくもない素材です。オールシーズンに着られますが真夏は避けたほうがよいでしょう。こちらは総裏、つまりスカート部分だけでなく袖も身頃にも裏地がついています。

お洗濯は洗濯機で洗えます。ネットに入れて洗ってください。脱水を軽く(1分以内)してハンガーに干すだけです。ただし、百花堂の洋服は裏地にキュプラを使っています。ポリエステルのほうがシワになりにくく扱いは楽ですが、肌に触れる裏地は、断然キュプラが快適です。クリーニング店のような仕上がりを望まれるなら、軽く低い温度でアイロンをあててから干してください。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: ポリエステル100%
裏地:キュプラ100%(総裏)

¥32,000+税(販売終了しました)

竹と雀 渋浅葱 綿絽ラップドレス

渋浅葱 綿絽ラップドレス

ゆかたとは違う、やわらかな風合いの綿絽。ガーゼのようなふわふわ感に細い筋目が入った絽、一味違うおしゃれな大正時代のアンティークを使ったラップドレスを紹介します。

op021-018 竹と雀 綿絽ラップドレス

藍染の赤みを抜いてビンテージ感をかけたような、渋みの浅葱(あさぎ)色(青緑)の綿絽に、竹の縦縞に雀が所々飛んでいる可愛い柄。ゆかたのようなシャキッとした感じはなく、やわらかなドレープ感、ふわっとしたギャザーが軽やかです。透け感があり、見た目も着心地も涼しい夏のお洒落着となりそう。

竹と雀 綿絽 竹と雀 綿絽

竹と言っても、よろけ縞に竹の葉が添えられているだけ。極細の黄色と白と黒の配色がとっても素敵ですね。現代物や新品にはない、大正ロマンの情緒を感じます。

実際、大正時代ですし、アンティーク感はあります。藍系の色は褪色しやすいのですが、赤みが抜けた緑味の藍というのは、デニムでも価値がありますよね。改まったシーンではなく、デニムよりフェミニンで特別感のあるお出かけ着としてお楽しみください。

お洗濯は、単独で手洗いをおススメします。軽い脱水(1分以内)で止め、ハンガーにかけて干すと洗いざらしのナチュラルな風合い。軽い脱水のぬれているうちに、さっとアイロンがけしてから干すとスカッとします。洗濯機の場合は、細かな網目のネットに入れて洗ってください。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: 綿100%
裏地:キュプラ100%(スカート部分)

¥32,000+税(販売終了しました)