竹と朝顔・サテンストライプ

初めてオリジナルプリントに挑戦したテキスタイルを紹介します。

asagao3color

上品な透け感のある薄手のコットン、綿ローンの生地に、「竹に朝顔」柄を染めました。
カジュアル素材なのに、光沢のあるサテンがストライプ状になっているので華やかです。
こちらは手捺染の1色染めです。

左から、象牙色地に薄桃色。
中央は、青竹色地に牡丹色。
右は菖蒲色地に水浅葱色。

この図案は大正時代の染麻きものを参考にしました。
よく「浴衣の図柄」と言われますが、おしゃれ着の夏物の図案なのです。
アールヌーボーの影響を受けた優美さと、一色型染めの粋が合わさったおしゃれな図案です。
ビビッドカラーなので斬新に見えますが、日本の色を組み合わせ、鮮やかな夏をイメージしました。

このブログを始める前に染めたものなので、この生地のアイテムの在庫は少ないのですが、
百花堂らしい夏のカジュアルとして、希少なアイテムを続けて紹介します。

椿柄 オックスフォード

HYAKKADOのシンボル的存在、赤椿・白椿柄のファブリック。
初めてオリジナルテキスタイルに着手した図案ですが、
このたび、4配色展開で、柄も大胆に大きく染めました。

オクッスフォード・椿グレー

グレー地:薄く色褪せた染めのようなライトグレーに、鉄色柳染(やなぎそめ)の葉っぱが、鮮やかなピンクの濃淡の花をフェミニンに際だたせています。

オックスフォード・椿ベージュ

ベージュ地:最初に染めたシルクやコットンサテンはこれと同じ配色です。
何にでも似合いそうな、肌映りのよいベーシックなベージュに白椿と赤椿。
若竹色萌葱色(もえぎいろ)の葉っぱが紅白の椿を引き立てています。

オックスフォード・椿カーキ

カーキ地:枯れ野に迷い込んだような迷彩色にピンクの差し色が効いています。
濃いめの黒茶色青朽葉(あおくちば)が渋く、ミリタリーをイメージしています。カジュアルな茶系コーディネートが似合いそうです。

オックスフォード椿黒

黒地:初めて登場です。マットな漆黒を背景に映える、翡翠色(ひすいいろ)と萌葱色(もえぎいろ)の葉っぱ、ルビーのような赤椿と象牙の白椿。よそいきになりそうな、おしゃれなイメージに仕上げました。

オックスフォード椿ベージュUP

オックスフォード椿カーキUP

実物大の画像です。椿の花は約10cmです。
インパクトも大の、大椿。他にない個性を発揮します。

爽やかな綿素材ですが、カーキ地、黒地は秋〜冬を意識しています。
椿がお好きなら、季節問わず、お楽しみいただけると思います。

コットン・ピケ 椿柄

チョコレートブラウン☆シルクツイル"菊と蝶々"

シルクツイル”菊と蝶々”の新色を紹介します。シックな茶系コーディネートの主役にしたい、艶のあるチョコレートブラウン地。洗練された絹更紗といった趣きです。

チョコレート色 シルクツイル"菊と蝶々"

シルクツイル “菊と蝶々”紫シルクツイル “菊と蝶々”グレー
(左)和の雰囲気を華やかに魅せてくれる紫。
(右)黄色が効いたクールモダンな印象のグレー。
アールヌーボーのように細い線を描きながら流れる枝はとても優雅。”菊と蝶々”を個性的な色使いでカラフルに表現したシリーズです。

艶のあるチョコレートブラウン地に、照りの強い柿のような鮮やかなオレンジ、紫紺(しこん)、深緑などを配色し、色鮮やかに表現しました。シルクだからこそ鮮やかに映える、大人のエレガンスです。
濃いめのブラウンはお肌色を沈めることなく、差し色のビビッドなオレンジとのコントラストがむしろ健康的で美しく見せてくれるでしょう。

このシルクツイルは、ブラウスや豪華なコート・ジャケット裏地として展開してまいります。

シルクツイル”菊と蝶”蝶々柄コクーンスリーブブラウス

絞り染め

絞り染めについて紹介します。

エスニック・プリントで有名なタイダイがあります。
TIE(結ぶ)& DYE(染める)…文字通り、生地を結んで染めると、表面は染まって結び目の内側には染料が入らず、クシャッとした柄が浮かび上がります。そんな原始的でシンプルな染色が日本古代に大陸より伝播されました。

精緻な技巧を惜しまず、素材・色・柄の表現を洗練させていくのはさすが日本人。
桃山時代には絞り染めで絵模様を描く華麗な「辻が花染め」が普及しました。絵模様を染め分けるために、複雑な縫い締め絞り、竹皮絞り、巻上げ絞りなどの高度な技法が使用されました。つまり、模様に合わせて技法を使い分け、染料に浸けて解くまで染めの状態を確認できません。まさに染めの芸術です。
江戸初期より、自由に絵柄を描く「友禅染め」の発達によって、「辻が花染め」は衰退しました。

糸を括って染め分けた緻密な立体感は手仕事の結晶です。自由に優雅な絵柄を描く「友禅染め」が発達と同時に、精巧な「疋田(ひった)絞り」が生まれました。染め残りが四角く中心に点が出るのが特徴で、絞りを並べて全体的な柄を構成します。生地全体に絞りを施す「総絞り」は17世紀に「贅沢禁止令」で取り締まりの対象になるほど、贅沢なものだったようです。

紅花染めの真っ赤な江戸縮緬に、麻の葉模様の鹿の子絞りを施した「八百屋お七」のきものもお洒落ですね。江戸時代のご令嬢のきものですが、とっても日本的でいて永遠にモダンだと思います。

麻の葉シュシュ麻の葉絞り銀ケース
(左)日本的な赤に麻の葉模様の鹿の子絞り(大正時代)のシュシュ
(右)”麻の葉模様の鹿の子絞り”を施した銀襴の懐紙入れ(大正時代のアンティーク)

百花堂では、水玉模様やほのぼのとしたかわいらしさ、味のある凹凸感、シルクの発色の良さを意識して蒐集しています。一粒一粒に手仕事の結晶、愛おしさを感じられるものばかりです。ファッションとしておしゃれで、モダンに感じるものが基準になっています。

絞り染め
1 2 3
4 5 6
7 8 9
1.絽縮緬にチェリーピンクの大きめ鹿の子絞り。2.青平織に波千鳥の鹿の子絞り。3.黒紅色の平織りに辻が花染め。4.紫と黄色配色・羽二重に鹿の子絞りがぎっしり。弾力の凹凸感がある。5.写真の幅=反物幅いっぱいの大胆・麻の葉柄。6.赤羽二重にカラフルポップな水玉。7.白羽二重の有松絞り。8.若葉色の有松絞り。9.エンジ色紬に辻が花染め。

上の写真はHYAKKADO製品の材料です。(過去に販売したものを含む)
手仕事の味わい、日本的でかわいらしい魅力がいっぱいの絞り染めを使った商品を少しずつ紹介して参ります。

……………

NHK「美の壺」File71←「絞り染め」について詳しい説明があります。
この番組、全部興味深いですね。「美の壺」公式サイト

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

椿柄 コットン・ピケ

HYAKKADOのシンボル的存在、赤椿・白椿柄のファブリックを紹介します。
初めてオリジナルテキスタイルに着手した図案です。
シルクやコットンサテンなどがありますが、今回はコットン・ピケの椿柄を紹介します。

椿柄 コットン・ピケ ベージュ

ベージュ地の椿柄。最初に染めたシルクやコットンサテンはこれと同じ配色です。
何にでも似合いそうな、肌映りのよいベーシックなベージュに白椿と赤椿。
HYAKKADO定番の若竹色萌葱色(もえぎいろ)の葉っぱが紅白の椿を引き立てています。

ピケ 白椿ピケ 赤椿

広い面積の1パターンに顔の異なる赤椿、白椿が不均等に配置されています。
単純そうでいて飽きないのは、よく見ると花に個性があって単調でないから。

椿柄ピケ カーキ ブルーグレー

カーキ地(左)は 枯れ野に迷い込んだような迷彩色にピンクの差し色、という配色にしました。
濃いめの朽葉色(くちばいろ)と青朽葉(あおくちば)が渋く、ミリタリー・ルックをイメージしています。茶系コーディネートが似合いそうです。

ブルーグレー(右)は色褪せた染めの色。鉄色柳染(やなぎそめ)の葉っぱが花をくっきり見せています。ブルーデニムと相性のよく、爽やかなコーディネートが似合いそうです。
.

高級感のあるカジュアルな綿織物”コットン・ピケ”

ダイヤモンド模様を浮き出させた丈夫なピケ織(多層織)です。凹凸のある生地表面は無地でも柄プリントでも味わい深い表情があります。
通気性のある綿素材のピケ織は、肌にやさしくさらっとした感触で大変心地よいのです。

1枚でも透けにくく丈夫なので、裏地なしの1枚仕立てで仕立てると、夏に涼しいワンピースやジャケット、ボトム、帽子にぴったりです。

ピケ カーキ無地ピケ カーキ椿柄
(左)手捺染ではない無地染め、(右)手捺染
手捺染すると蜂の巣状の凹凸がより強調され、味わい深い

HYAKKADOではこの凹凸のある生地に手捺染(=ハンドスクリーンプリント)を施しています。捺染台の斜面に置いて人の手で刷り上げるため、凹面に染料が溜まり、凹凸感を更に強調します。一般的なロールプリントでは出ない、手捺染ならではの味わいです。

椿柄 コットン・ピケを使用したアイテムは爽やかなカジュアル・ウェア、帽子、バッグなど多数あります。特に扱いやすい生地なので、幅広いシーンでおすすめです。

ピケ椿ダウン帽椿ピケ テーラージャケットピケ・ブルーグレー スカート

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


百合、朝顔、撫子柄〜 ”夏花カクテル” シルクデシン

百合、朝顔、撫子(なでしこ)。
初夏〜盛夏の優雅な花を、黒のシルクの上で一同に咲かせました。

夏花カクテル
Copyright © 2004-2008 HYAKKADO All Rights Reserved.

百合、朝顔、撫子の存在感が絡み合い、
主張のある、優雅な夏の草花たちのシナジーが、魅力的な雰囲気を作り上げています。

百合、朝顔、撫子柄〜 ”夏花サワー” と同じ柄ですが、雰囲気はまったく違います。

昼間の喧噪が寝静まった暗黒の闇に、浮かび上がる鮮やかな花々のカクテル。
翡翠色の葉をベースに薄紅色の花びらを浮かべ、ルビー色の撫子をアクセントにしています。

シルクは発色が良いので、シルクデシン( しっとりとした錦紗縮緬(きんしゃちりめん)に近い感触のシルク生地)に染めると、漆黒に映えるジュエルのように鮮やかに彩ります。
この生地で仕立てたドレス(ブラウスなど)を着ると、顔が美しく艶やかに映え、華やかに魅せることができます。

夏花(なつはな)カクテル。
ジュエルのような花々のリキュール、大人のスパイスを効かせたアルコールが、
エネルギッシュなパワーを引き出してくれそうです。

夏花サワー夏花カクテルホールターネック

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


百合、朝顔、撫子柄〜 ”夏花サワー” シルクデシン

百合、朝顔、撫子(なでしこ)。
初夏〜盛夏の優雅な花を、シルクの上で一同に咲かせました。

夏花サワー
Copyright © 2004-2008 HYAKKADO All Rights Reserved.

百合、朝顔、撫子の存在感はほどよく絡み、融け合っています。
主張のある、優雅な夏の草花たちの融合は、色合いによってひとつの雰囲気を作り上げているのです。

白地…厳密には純白ではなく、”まったり”しながら”さっぱり”とした、
ヨーグルト風味のサワー・ドレッシングのようなイメージの白色です。
サラダのような、美しいグリーンの濃淡(HYAKKADOの定番色…若竹色緑青色萌葱色 )に薄紅色の花びらを浮かべ、青藍色 (せいらんいろ)の撫子をアクセントにしています。
(写真はデジタル…ぽくて、上手く表現できていません。シルクに載った色をご確認いただきたいです)

シルクデシン( しっとりとした錦紗縮緬(きんしゃちりめん)に近い感触のシルク生地)に染めると、明るい光沢感とやさしいドレープが優雅で、爽やかな初夏の朝を感じさせます。
この生地で仕立てたドレス(ブラウスなど)を着ると、肌が明るく綺麗に見え、上品・優美な気分を盛り上げてくれます。

夏花(なつはな)サワー。
爽やかな、夏花のdressing(装い)を楽しんでいただけます。

夏花カクテル

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

紫陽花柄ピンク ジョーゼット

日本画タッチの美しいオリジナルファブリック紫陽花柄グレーの別バージョンを紹介します。

パウダリーピンクのフェミニンなカラーを背景色に、リーフグリーンの葉っぱ、ストロベリーの凌霄花(のうぜんかずら)の花が描く世界は、まばゆくハッピーなロマンティック・ワールド。
そんなロマンティックな紫陽花柄を、ふわりと軽いシルクジョーゼットに載せました。

紫陽花柄ピンク
Copyright © 2004-2008 HYAKKADO All Rights Reserved.

↑透け感のあるシルクジョーゼットは布の重なりを楽しめる

同じ柄でも紫陽花柄グレー・サテンストライプとデシンが水がしたたるようなしっとりシルクであるのに対し、紫陽花柄ピンク・ジョーゼットはそよかぜにたなびくふんわりシルクです。

ジョーゼットといえばポリエステルが多く、見た目はよく似ていて透明感がありますが、手触りにケミカルな冷たさがあり、軽やかさに欠けます。
上質のシルクジョーゼットは違います。
輝く絹繭の極細繊維が織りなす天然繊維ですので、温かみがあり、少しでも長く風と遊んでいたいかのように軽やかです。

HYAKKADOでは、この色柄が持つ雰囲気と布の特性を生かしたドレッシーなスタイルを提案しています。
着る人がハッピーになれるようなロマンティックなアイテムをお楽しみください。

紫陽花柄グレー揚羽蝶スリーブドレス紫陽花ピンク

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


紫陽花柄グレー サテンストライプとデシン

日本画タッチの美しいオリジナルファブリック(シルク)を紹介します。

瑞々しくしたたるような紫陽花を、大胆な空間構成、にじむようなタッチで描いています。
日本画に欠かせない顔料、胡粉(ごふん)の白と緑青(ろくしょう)の色を際だたせ、洋服のプリントにはない情緒的な印象を醸し出しています。

紫陽花グレー デシン
Copyright © 2004-2008 HYAKKADO All Rights Reserved.

上の写真はシルクデシンに染めたものです。
しっとりとした錦紗縮緬(ちりめん)に近い感触のシルク生地です。
デシンとは、crepe-de Chine(クレープ デ シヌ)のことで、”中国のcrepe(シボのある絹)”を略してデシンと呼んでいます。
この生地は上質の日本製のシルクデシン生地です。
染めの発色が良く、やさしいドレープ感が特徴です。
これはブラウス、ドレスの生地として使用しています。

紫陽花グレー サテン紫陽花グレー サテン
Copyright © 2004-2008 HYAKKADO All Rights Reserved.

上の写真はシルク・サテンストライプです。
京都・丹後で織っている上等のシルクサテン生地です。
光沢の美しい繻子(しゅす)織りが表裏・交互にストライプになっていて、緊張感のある濡れたような艶がとても魅力的です。
リュクス素材として、主にパーティーバッグなどに使用しています。

紫陽花は日本では梅雨どきのイメージ。
だからこそ瑞々しい雰囲気があるのですが、今やヨーロッパを始め、世界中で大人気のアジサイ。
さわやかでおしゃれな花として評価されています。
お洋服の場合、さわやか&しっとり決めたいときは気分次第でいつでも取り入れていただきたいです。

上品で優美、日本画調の図案はしっとりしたオーラを醸し出します。

今後少しずつ、このファブリックの商品を紹介してまいります。

紫陽花柄グレー紫陽花柄ピンク

↓クリック!ご協力お願いします↓

にほんブログ村 ファッションブログ モード系へ

大島紬

高級絹織物の代表、大島紬を紹介します。

手作業による絣(かすり)合わせによる先染めの絹織物です。
インド、スマトラ・ジャワ・チモール島などのスンダ列島にひろく伝わるイカットを起源とし、7世紀頃から奄美大島で織られていました。幕末までは薩摩藩の献上品として用いられ、明治10年(1877年)に一般に商品として進出しました。

南国の香りの、どこか異国情緒を感じるのはイカットが起源だからでしょうか。
ソテツやハブの皮、魚の目など奄美大島の自然をモチーフにしたものが多いようです。本州にはない独特の魅力を感じます。

それらは微細な十字や亀甲の柄を並べて織り出されています。針で経糸と緯糸の絣柄を1本1本合わせながら織り進む高度な技術です。丹念な織り、精緻な模様、渋くて艶のある色。ひと目見て大島紬とわかる、他にはない特別の織物です。

大島紬

百花堂で製品として使ってきた泥大島と泥藍大島の写真

  • 泥大島……車輪梅(シャリンバイ)の煮汁で20回染め、泥田に1回浸ける。この工程を3〜4回繰り返し、染色された糸を用いて織られた紬。深みのあるしっとりとした光沢をもつ黒色と薄茶色の織り柄が特徴。
  • 泥藍大島……植物藍で先染した糸を絣むしろにしてそれを車輪梅(シャリンバイ)泥染で染色したもの。泥染特有の渋い黒地、絣(かすり)柄の部分が藍色で表現された華やかで上品な紬。

百花堂では魅力がある(大正時代〜現代)大島紬をコレクションしています。
その中から、特にくっきりと緻密で細かい柄のものは扇子や小振りのバッグ、帽子などの小物、
ちらりと見えても効果的な、ジャケットの裏地として使用しています。
大振りな柄は生地のハリ感を生かしたタックスカートなど、大胆に使っています。

大島紬のきものは代々伝えていきたい一生モノ。
百花堂の製品も長く愛用いただけるような飽きのこないデザインを心がけています。

今後、少しずつ大島紬を使った製品を紹介します。
この紬の素晴らしさを伝えながら、種類を増やしていきたいと思っています。

……………

以前、お世話になっている奄美大島の大島紬村へ伺いました。
手作業による大島紬の生産工程を丁寧に説明していただき、高度な伝統技術に改めて感動しました。
こちらでは生産工程の見学、体験ができます。
大島紬村の職人さんが織り上げた大島紬を直接購入することができる、納得の贅沢体験です。
素敵なお土産もたくさん揃っています。

日本の南国、奄美の自然も満喫☆!夏が近づくと行きたくなります。

泥大島ブックカバー
↓クリック!ご協力お願いします↓
にほんブログ村 ファッションブログ モード系へ