ゆかたラップドレスの洗濯

laundry_cottondress

伊勢丹新宿店イベントへ出張当初、ゆかたラップドレス1着しか持っていませんでした。滞在を延長すると決めて、自分のシルクのラップドレスを取り寄せました。
とりあえず、洗い替えができたということで、寝る前にお風呂場で手洗いし、洗濯機にたたんで入れ脱水1分以内回し、所々、ピンピンっと手で伸ばしてハンガーにかけて干しました。朝になったら、しっかり乾いてノーアイロンでも大丈夫。黒地なので、細かな糸くずをガムテープ(またはエチケットブラシ)できれいにしたら気になりません。
明るい色や化繊だと気にしなくても大丈夫です。

単独で(中性洗剤、洗濯石鹸、アルカリウォッシュなど)手洗いし、大まかにたたんで脱水機に30秒〜1分かけるのがポイントです。ほとんどノーアイロンで平気です。洗えるきものも同様にしてください。
脱水をかけ過ぎるとアイロンが難しくなりますし、うっかりかけすぎたら、もう一度濡らして脱水をかけ直すほうが無難です。

シルクドレスはドライクリーニング店でお願いします。
裏地のないブラウスは、過去のブログを参照してください。

cottonsatin-gr-wash2 wy-holter-iron3

シルク・ホールターネックブラウスの手洗い

シルクのお洋服は一般的に専門店のドライクリーニングでお洗濯しますが、”夏花カクテル” ホールターネックブラウスの場合、アイロンが簡単で、水を通しても比較的縮みにくいのでご自宅で水洗いしていただけます。

特にこのブラウスは素肌に直接着ると夏でも気持ちよく、涼しく着ていただけます。
汗をかく季節だからこそ、気軽に手洗いしたいもの。

私自身、このシルクブラウスを気軽に何度も手洗いしています。
今回は、シルクブラウスのお洗濯方法をご紹介します。
.
.

洗剤は、おしゃれ着洗い用中性洗剤(エマール等)か洗濯用石けんを使います。
蛍光増白剤」が添加されていないことが重要です。
蛍光染料を使っていないプリントの色彩が不自然に変化してしまうからです。

夏花ホールターネックブラウス 洗濯脱水1分

(左)洗い桶を使って、押し洗いをします。ギュッギュッと。
長時間つけ置きしますと、染料がにじみ出て移染する恐れがありますので手早くしましょう。
そして水でよくすすぎます。

(右)洗濯機の脱水を1分に設定して軽く脱水します。

夏花ホールターネックブラウス ベルト部分夏花ホールターネックブラウス アイロン台

(左)脱水したら、ピンピンと伸ばし、濡れたまま裏向けにしてアイロン台に平らに広げます。
アイロンを中温ドライ(スチームでない)に設定します。
※綿=高温、絹=中温

まず、ローウエストのベルト部分の裏側からアイロンをあてます。
(右)写真のように、前身頃を中心にしてアイロン台に平らに広げます。
表側からアイロンを当てると、縫い代のカタがついてしまうので必ず裏返して縫い代を割りながらあてます。
夏花ホールターネックブラウス アイロン夏花ホールターネックブラウス あて布アイロン

(左)縫い代が両側に倒してある場合、この部分をきれいに割った状態で、アイロンを当てます。
身頃の全ての縫い代を、倒している方向に気をつけながら、丁寧にアイロンをあてます。
そして全体的に、裏側からきれいにアイロンをあてます。

(右)衿はあて布をして表側からアイロンをあてます。

さっとアイロンあてて、表面のシワがとれればOKです。

夏花ホールターネックブラウス ハンガー

形を整えてハンガーにかけ、陰干しします。
アイロンをかけて表面が乾いているため、すぐ完全に乾きます。
.
専門店(ドライクリーニング)にお任せすると安心ですが、水洗いが手軽にできるとシルクのブラウスも気軽に着ることができます。このブラウスは難しい袖付けがないので、比較的アイロンがけが簡単です。

特に縮みやすい鬼シボの縮緬はきれいに伸ばすのが難しいかもしれません。
きもの地など、染料が水に出やすいものもあります。
必ず、添付しております残布でチェックしてから水洗いをするようにお願いいたします。

夏花サワー夏花カクテルホールターネック

コットン・ピケジャケットの手洗い

椿柄 コットン・ピケ 生地を使ったお洋服はコットン製なので水洗いができます。

裏地のついたジャケットはクリーニング店にお任せするようにお願いしておりますが、
1枚仕立て、綿100%の椿柄 コットンピケ・ジャケットなら、ナチュラルな洗いざらし感覚を楽しんでいただけます。

この椿柄 コットン・ピケシリーズは、合皮(茶色)のパイピングを施しており、熱や薬品に弱いため、ドライ・クリーニングではこの部分が傷んでしまうことがあります。水洗いに関しては問題がありません。
アイロンがけが難しそうですが、この生地のジャケットに関してはシワも気になりません。

ピケジャケット 洗濯前ピケジャケット 洗濯前
選択前のジャケット。
着ているうちに背中の横シワや肘のシワが気になります。
袖口も黒ずんでいます。ここは重点的に押し洗いしましょう。

洗剤は、おしゃれ着洗い用中性洗剤(エマール等)か洗濯用石けんを使います。
蛍光増白剤」が添加されていないことが重要です。
蛍光染料を使っていないプリントの色彩が不自然に変化してしまうからです。
天然素材のコットンだからこそ、自然な色落ち、味のある風合いを楽しみましょう。

ピケジャケット 洗濯脱水1分

(左)洗い桶を使って、押し洗いをします。ギュッギュッと。
長時間つけ置きしますと、染料がにじみ出て移染する恐れがありますので手早くしましょう。
そして水でよくすすぎます。

(右)洗濯機の脱水を1分に設定して軽く脱水します。

カーキピケジャケット 洗濯後カーキピケジャケット 洗濯後

水を通すと繊維が縮みますので、全体的にピンピンと伸ばしていきます。
縫い目が特に縮みやすいので、縫い目に沿ってピンピンと伸ばします。
ジャケットの形を意識してピンピンすれば、これだけでシャキッとします。

カーキピケジャケット 洗濯後ハンガー椿ピケジャケット 洗濯後

形をじゅうぶん整えて、ハンガーにかけ、影干しします。
乾いたら、すぐ着られるようになります!

何度か着ていると横シワができたり、ピケの凹凸がゆるくなってくることがありますが
水を通すと、伸びた繊維がキュッと縮んで凹凸感もはっきりしてきます。
この生地に関しては、生地表面がプレーンではないのでアイロンがけをしなくても良いでしょう。

アイロンをあてる場合は、熱に弱い合皮部分に当てないようにしてください。

椿柄・ピケ ジョドパーズ・パンツ椿柄 ピケ・タイトスカートも同様にお洗濯していただけます。

コットン・ピケ 椿柄椿ピケ テーラージャケット

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

コットンサテン・ブラウスのお洗濯

コットン100%のマリン椿・パフスリーブブラウスは水洗いができるので、汗ばむ夏でもお気軽にお召し頂けます。

洗剤は、おしゃれ着洗い用中性洗剤(エマール等)か洗濯用石けんを使います。
蛍光増白剤」が添加されていないことが重要です。
蛍光染料を使っていないプリントの色彩が不自然に変化してしまうからです。
天然素材のコットンだからこそ、自然な色落ち、味のある風合いを楽しみましょう。

コットンサテンブラウスの手洗い脱水1分

(左)洗い桶を使って、押し洗いをします。ギュッギュッと。
長時間つけ置きしますと、染料がにじみ出て移染する恐れがありますので手早くしましょう。
そして水でよくすすぎます。

(右)洗濯機の脱水を1分に設定して軽く脱水します。
それ以上するとクシャクシャになり、アイロンでシワがのびにくくなります。

コットンサテン アイロン台コットンサテン アイロンがけ

(左)脱水したら、ピンピンと伸ばし、濡れたまま裏向けにしてアイロン台に平らに広げます。
アイロンを高温ドライ(スチームでない)に設定します。
※綿=高温、絹=中温

(右)写真のように、縫い代を倒している方向に気をつけながら、丁寧にアイロンをあてます。
前・後ろ身頃のあてやすいところだけで十分。パフスリーブはギャザーが寄っているのでそのままで大丈夫です。

コットンサテン

コットンサテンはアイロンを当てるときれいな光沢が甦ります。
さっとアイロンあてて、表面のシワがとれればOKです。

コットンサテンブラウス 洗い上がり

ハンガーにかけて、陰干しします。
アイロンをかけて表面が乾いているため、すぐ完全に乾きます。
.
洗濯機で洗うより早くきれいに仕上がります。
ドライクリーニングより水洗いの方が気持ちよく、お手軽ですね。

同様にしてコットン製のボトムやジャケット(裏なし)も洗えますので、こちらで紹介して参ります。