青雪輪ラップドレス

青雪輪ラップドレス

美しい青のラップドレスを紹介します。

青雪輪ラップドレス青雪輪ラップドレスup

フランスへ移住されたお客様から、「洗えるきもの」のラップドレスをリクエストされました。
日本のように、高水準のドライクリーニングがお約束されない海外事情もあり、絹より気軽に着たいとのこと。「洗えるきもの」=ポリエステルですが、上質で魅力ある着物は絹が多いので、センスの良さで探さなければなりません。そこで素敵な反物をキープしていたことを思い出しました。青の濃淡を両面染めした控えめな「雪輪柄」。とても静かでクールながら、印象的な青のラップドレスができました。

「雪輪」=雪の結晶を表しますが、外国人どころか、現代の日本人でもパターンを知っていなければわからないでしょう。雪の結晶を簡略化し、更に三ヶ月のように欠けさせ、露芝パターンのような配置の粋な小紋です。こういう、ひねりの効いた意味を説明するのもちょっとした会話が生まれて楽しいですね。
ベルトリボンや袖裏が裏返っても、表の濃紺に対して浅い青を染めているのでいい感じです。

青雪輪ラップドレス 房バッグ青房バッグ、青雪輪ラップドレス

冷めたブルーの、情緒的なアンティーク縮緬・房バッグを持たせてみました。
百花堂・房バッグコレクションも、改めて紹介しますのでお楽しみに♪

近頃はリクエストに応じて受注生産することが多くなっています。既製服であろうと、オーダーメイドであろうと、一点ずつの手作りですから、お時間さえいただければ製作可能です。お手持ちの着物や反物でも対応可能です。「洗える着物」の材料代は極力低く設定していて、浴衣ドレスなんかだと、多少でも数をまとめて作るから低価格が可能なのです。お持ち込みの場合、費用はその型のベースライン程度です。(改めて設定するつもりです)