,

温習会

kabren-entrance750

春の「都おどり」を観に行ったことはありますが、秋の温習会は未体験。親戚の伯父様のご縁で、先日、初観劇することができました。

soshina

伯父の先代からのお付合いだという「イ」(にんべん)お茶屋の芸妓さん、豆弘さん目当て。こちらは、代々お茶屋の娘さんで、生まれながらにして、なるべくしてなられた生粋の祇園芸妓さんです。今や全国から憧れて舞妓になられる方が多いなか、大変貴重な存在だと思います。

kabren-entrancejpg

kabsen-seki

舞台や芸舞妓さんの写真は撮れませんでしたが、歌舞練場の雰囲気だけ・・・

私は知りませんでしたが、この温習会を最後に、この祇園歌舞練場を建て替えしはるんですってね。
古くて味のある建物、私は好きなので、何やら寂しいです。

そして、おどりの舞台はというと、春の華やかな都おどりに比べて、井上流の日本舞踊、唄をじっくり魅せてくれます。艶やかな京の美意識が詰まった舞台でした。

豆弘さんは、男役の豆花さんと二人で「鳥辺山」を踊られました。
伯父に連れられて何度かお茶屋に行かせてもらってますが、舞台での豆弘さんは最高に美しかったです。
一瞬でも、切り取った写真が欲しいのですが、心には遺っています。
伯父も、「普段の豆弘は色気もあらへんのに、舞台では残像までもが美しい」とご満悦。
豆弘さんはお茶屋の女将として若い芸舞妓を仕込みながら、お茶屋、スナック経営をされていますから、そら、しっかりもしはります。

miw-ninben

温習会が終わってから、お茶屋「イ」に向かったのですが、女将ご本人が舞台に立ったということで挨拶回りにご多忙中。感動をお伝えしたかったのに会えませんでした。

chuka-noren

そして、隣の中華料理屋さんでお食事をしました。

miw-sach_chuka
母と。

tantanmen
白担々麺と黒担々麺、餃子・・・

miw-shirakawa2
白川沿いにて。

kanzashi-all

私がつけていた帯留、かんざし。こんなにいっぱい付けても派手すぎません。
なかなか、着物まで着て、似合うところにお出かけできませんから・・・遊ばせてもらいます。
売るほどありますからね〜
いや、本気でネット販売予定です。宝物みたいなコレクション・アイテムですが、使ってお見せしたい。
ほんまもんの素材、細工、デザインに目が肥えてしまいますが、それらを使いこなしてこそ、品格・・・ではないでしょうか?ちょっと、そんな大げさな気持ちを持って服作りもしてるんです。言うたって、誰かが遺してくれたものを材料にするんですから・・・昔の人の美意識がすごいんです〜

obidome-kiku_upobidome-kiku_up1

この度の着物は、藍染の菊の小紋に菊の染め帯。陶器の菊の帯留。菊づくしです。。。

kiku-kanzashi_upcho-kanzashi_up

頭にも、菊の葉っぱのかんざしを刺しました。琥珀に真珠。お気に入りすぎて、毎秋、つけています。
そして、百花堂の定番、翡翠色の蝶々かんざし、真珠付き。爽やか、華やかになるので、季節、和装洋装問わず、年中使えます。

141127霊艦寺BostonBG
紅葉の東山
昨年の秋も、着物で持っていたベルベットのバッグ。秋気分いっぱいの使いやすいバッグです。