黒髪

先日、店のお隣の美容サロンIVanへ行った。
SACRAビル新館アネックス2階にあるラグジュアリーな空間が素敵なお店。

IVanIVan2

私はあまり頻繁に美容院に行かないのだが、行ったところで全く変わり映えしない。
ずーっと黒髪ロングヘアーを保っているだけなのだ。

結局それしか似合わないから、私のポリシーになってしまった。

かれこれ15年くらいになるかも。
15年前と言えば、私の嫌いなトサカヘアーもいまだ健在で
フレンチカジュアル全盛期である。

「ブリジット・バルドーにしてください」

Brigitte Bardot

その頃の若い美容師さんは誰も知らなかったが、
唯一わかってくれる美容師さんにお任せすることにした。
(結局中学生時代から合わせて20年の付き合いかも。浮気してごめんなさい!また行きます)
「グランジが来てるからスタイルは先取りになっていい。
でも金髪は似合わないし、BBのイメージはムリ!」って。
おぉ、残念!

しばらく茶髪ロング・シャギーだったが、
茶髪もシャギーも世間で一般的になってしまった。

いつでも私は今流行の有名人に習うことはない。
だって、既に巷で出てしまっているし、なんか意識してるみたいでくやしい。

「68年くらいの浅丘ルリ子にしてください」

愛の化石浅丘ルリ子

また変なことを言う・・・。

日本人女性はなんて美しいんだ。
彼女を見てそう思った。

とくに、センターパーツにぐっときた。
当時はほとんどの女性が前髪を斜め分けに下ろしていたが。

で、先程の美容院に戻るが、若い女性スタイリストさんに
ルーシー・リューに似てますね!
と言われる。

Kill Biil2Lucy Liu

うそー、、、テキトーなことおっしゃる。
でもイイとこまで来てる。

ルーシー・リューが出演した「キル・ビル2」の元ネタと思われる
「修羅雪姫」の梶芽衣子が正解!

修羅雪姫マシンアニマル

おそらく若い彼女はタランティーノを通じてピンときたのだろう。

私は学生の頃から、リアルタイムで梶芽衣子を知る人には似てると言われてきた。
当時から、つば広の黒い帽子とロングヘアーに白の革のトレンチコートとロングブーツ、
中に紫のミニスカート、あるいはマキシ、、、
そんなスタイルを好んでいたからだろうか。

フレンチから和の趣向へ、移行させていったのもその頃かもしれない。

バングス(前髪)たっぷりをバシっと切りそろえ、
グラフィカルな姫カットにも挑戦したことがあるが
基本的にずーっと同じ、黒髪ロングヘアーを保っている。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。