コットンサテン・ブラウスのお洗濯

コットン100%のマリン椿・パフスリーブブラウスは水洗いができるので、汗ばむ夏でもお気軽にお召し頂けます。

洗剤は、おしゃれ着洗い用中性洗剤(エマール等)か洗濯用石けんを使います。
蛍光増白剤」が添加されていないことが重要です。
蛍光染料を使っていないプリントの色彩が不自然に変化してしまうからです。
天然素材のコットンだからこそ、自然な色落ち、味のある風合いを楽しみましょう。

コットンサテンブラウスの手洗い脱水1分

(左)洗い桶を使って、押し洗いをします。ギュッギュッと。
長時間つけ置きしますと、染料がにじみ出て移染する恐れがありますので手早くしましょう。
そして水でよくすすぎます。

(右)洗濯機の脱水を1分に設定して軽く脱水します。
それ以上するとクシャクシャになり、アイロンでシワがのびにくくなります。

コットンサテン アイロン台コットンサテン アイロンがけ

(左)脱水したら、ピンピンと伸ばし、濡れたまま裏向けにしてアイロン台に平らに広げます。
アイロンを高温ドライ(スチームでない)に設定します。
※綿=高温、絹=中温

(右)写真のように、縫い代を倒している方向に気をつけながら、丁寧にアイロンをあてます。
前・後ろ身頃のあてやすいところだけで十分。パフスリーブはギャザーが寄っているのでそのままで大丈夫です。

コットンサテン

コットンサテンはアイロンを当てるときれいな光沢が甦ります。
さっとアイロンあてて、表面のシワがとれればOKです。

コットンサテンブラウス 洗い上がり

ハンガーにかけて、陰干しします。
アイロンをかけて表面が乾いているため、すぐ完全に乾きます。
.
洗濯機で洗うより早くきれいに仕上がります。
ドライクリーニングより水洗いの方が気持ちよく、お手軽ですね。

同様にしてコットン製のボトムやジャケット(裏なし)も洗えますので、こちらで紹介して参ります。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。