蒲、唐竹欄、紫蘭の実

青々としてシャープなグリーンが涼しげです。

直線的な蒲(がま)は池や沼などの浅い水中に群生して生えます。
茶色の花穂が”きりたんぽ” みたい。
冬になるとこの花穂の中から綿毛がブワーッと出てきて飛散するようです。

「蒲団(ふとん)」は、 昔、がまの綿毛を寝具に入れたことに由来するとか。
「蒲鉾(かまぼこ)」は、かつて竹輪のような形をしていて、がまの花穂に似ていたことから。
「蒲焼(かばやき)」は、うなぎを筒状に 切って焼いていた形ががまの花穂に似ていたことから。

蒲という植物にはいろんなルーツが隠されているのですね。

蒲、唐竹欄、紫蘭の実蒲

紫蘭の実

紫蘭の実

↓クリック!ご協力お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。