最終日!百花堂店舗、終了しました

20170228miw-vio

15年間、ご愛顧いただきありがとうございました。
本日、百花堂店舗は終了いたしました。

マイペースながら、百花堂とともに歩む15年間でした。
私も百花堂も、年を重ねましたが、ずっと変わらない世界観(美意識)だけは維持してきました。それはこれからも変わらないでしょう。

顧客様からは、10年前のものも、ずっとずっと好きでいられる、大事にしたくなる。と言われます。とっても嬉しいお言葉です。トレンドよりゆるがない美意識が軸にあるからかな、と感じています。

正味の話・・・
美意識と、それを表現するだけのクオリティーを保ってきたつもりですが、手が届くところへ引っ張ってくることに苦心しました。そのために、自分たちの取り分を棚に上げてしまい、夢を肥やしにしてきました。。。洋裁、和裁の知識、パターン構成の技術とセンス、材料仕入れの審美眼を提供してくれた母は、代表者という立場にいながら無償で働いてくれました。一点一点丁寧な材料選び、型入れ、縫製の、オートクチュールに近いお洋服を、一般の既製服に近い価格で・・・最後まで、価格を上げることに反対したのは母です。一流のプロからは、「自分たちはちゃんともらっているの?お客の顔色みて値段つけてるでしょう?」見抜かれて指摘されたものです。

このまま続けていくと体力(資金力)が厳しくなるのに、他にないものを作りたい、求める方々に応えたい、と頑張ってきました。

時代は変わってきました。
周囲の環境、現実が見えてきました。
ようやく、私も見ようとしなかったシビアな世界もちゃんと見て、取り入れていこうと思うようになりました。まずは少し、一息つかせてください。

閉店を発表して、なんとか駆けつけてくださったお客様、本当にありがとうございました。
そして、まだ情報が行き渡っていないお客様、どうしても来られなかったお客様には残念ですが、オンラインをお待ちくださいませ。

オンラインショップをするする、と言い放っておいて、こんなに進まないとは・・・
明日から、店舗を明け渡す前に一気に撮りためてしまいます。

固定費がない状況でなら、セール価格で販売を続けても大丈夫。
出荷元が変わるし、ストックを次のスペースにまとめてしまいたいので、新たな準備が必要となりました。待ち焦がれている遠方のお客様も、どうかお時間をください。

ご愛顧くださっているファンの方、ご注文予約をいただきありがとうございます。順に取り掛かります。
そして、いつか欲しいとご検討中の方、コンタクト・フォームからご連絡お願いいたします。

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

下の写真は、閉店間際にいただいた、サプライズ・プレゼントの花束を抱えて、最後のスナップ。偶然にも、お二人の方が同時に、「美和さんのパープルをイメージして」とパープル系のお花を。私は紫づくしのスタイルだったのでぴったり!

20170228miw-vio1

FM京都 α-STATION “Fit for My Life”トーク出演!

FitForMyLife_maki_miw750

2017年1月15日(日)、22日(日)12:30〜、FM京都 α-STATIONの “Fit for My Life“ に、2週続けてゲスト出演します!

百花堂オープン当初よりファッション誌の取材などでお世話になっているライターさん、高橋マキさんとの楽しいトーク・・・自分でもあまりよく覚えていないのですが・・・、普段通りのマキさんと、百花堂誕生秘話から重大ニュース、そして日々の美意識について語りました。

放送後、YOUTUBE でも配信されますので、全国の皆さまもお聴きいただけます。

Fit for My Life

番組お聴きいただいてご来店いただいたときには、ぜひ、ラジオを聴いたとおっしゃってくださいね!延長トークしましょう!!


 

写真(クリックしたら全体画像)のマキさんは、グレーの椿コクーンバッグを持ってくださっています。長くきれいにご愛用いただきありがとうございます♡
私は、蝶々柄のブラウスにLサイズの帯ベルトをローウエストでつけています。

謹賀新年2017★15th Anniversary ファイナルセール!

2017antiques_HYAKKADO

あけましておめでとうございます。

2017年は百花堂15周年の年です。
本年2月末をもちまして、京都三条店の営業を終了させていただきます。

近頃の百花堂では、店舗での既製服販売よりお客様からのご注文による製作が増えてきています。少人数のスタッフ、職人ですので、マイペースな営業が負担が少なく向いているのです。

幸い、職人たちも私どもの仕事に誇りを持ち、美しい出来栄えを毎回確認できるからと、気に入ってくれています。そしてまだまだ頑張る、と言ってくれています。

魅力ある着物などの材料コレクションもまだまだ、オリジナル・シルク生地もそこそこあります。

ドレッシーなお洋服の出番はすぐにはないけれどいつかは百花堂で作りたい・・・とお考えの方は是非ご連絡ください。過去から現在に至るまでのコレクションのパターンから、採寸し、サイズ調整してお作りします。既成サイズであれば、既製服と変わらない料金で、大幅な変更はパターン代金をいただきます。何度もお作りされている方はお好みもサイズも把握しておりますので、すぐに取り掛かります。

お持ちの着物でのオーダーも承ります。そちらは改めて説明いたします。

在庫のお洋服は、1月7日〜2月末まで(店舗の場合)お得なプライスで販売いたします。もともと、一般的な量産のお洋服に比べて、材料、縫製に何倍もかかっていますので値下げできなかったのですが、

3割引〜で販売します。

さらに、ポイントがたまっておられる顧客様には、年賀状のお宛名の下に記載しております。2015年に失効した方の分まで復活させました!セール品でもどうぞお使いください。ただし、オーダーメードは除外とさせていただきます。

ポイントはご利用頂いた日から一年間、または三年間(上顧客様)まで有効なのですが、侘助会員様、金花茶会員様(上顧客様)はやはりもったいないので、記載がなかったとしても復活可能ですのでお問い合わせください。

普通、閉店する店は少しでもお金にしたいとポイントを使ってほしくないものですが、百花堂は、少しでもお客様に還元したいと考えています。何より、会いに来てくださる方が多いほど嬉しいのです。

このタイミングで閉店に至った理由はプライベートでも色々あったことも一つです。親戚の大切な人が大手術をし、家族として介護して一刻も早く回復してほしいとの思いもあります。店の近くで借りていたマンションから退去し、そちらへ移ります。ですので、定時にお店を開けるのが難しいのです。・・・すでにこの頃、ちっとも定時に開けられていませんが・・・

会いに来てくださるお客様とお話ししたいです。久々の方も、お気軽に遊びにいらしてください。私一人なものですから、不在だと残念すぎますので、ご一報いただけると幸いです。

なかなかオープンできてないオンラインショップは、昨年中に開店したかったのですが、ネット環境のあるところにじっとしていられないことや、古物商免許(20年以上前に取得)を更新しそびれていたこともあり、年明けてから店内で作業します。遠方のファンの方々はしびれを切らしておられるかと思いますが、しばらくお待ちください。そちらは店舗閉店後も継続いたします。

ご意見、お問い合わせ等ございましたら、お問い合わせフォーム(contact)からお願いいたします。

2017年、新たな希望の年となりますように。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

青雪輪ラップドレス

青雪輪ラップドレス

美しい青のラップドレスを紹介します。

青雪輪ラップドレス青雪輪ラップドレスup

フランスへ移住されたお客様から、「洗えるきもの」のラップドレスをリクエストされました。
日本のように、高水準のドライクリーニングがお約束されない海外事情もあり、絹より気軽に着たいとのこと。「洗えるきもの」=ポリエステルですが、上質で魅力ある着物は絹が多いので、センスの良さで探さなければなりません。そこで素敵な反物をキープしていたことを思い出しました。青の濃淡を両面染めした控えめな「雪輪柄」。とても静かでクールながら、印象的な青のラップドレスができました。

「雪輪」=雪の結晶を表しますが、外国人どころか、現代の日本人でもパターンを知っていなければわからないでしょう。雪の結晶を簡略化し、更に三ヶ月のように欠けさせ、露芝パターンのような配置の粋な小紋です。こういう、ひねりの効いた意味を説明するのもちょっとした会話が生まれて楽しいですね。
ベルトリボンや袖裏が裏返っても、表の濃紺に対して浅い青を染めているのでいい感じです。

青雪輪ラップドレス 房バッグ青房バッグ、青雪輪ラップドレス

冷めたブルーの、情緒的なアンティーク縮緬・房バッグを持たせてみました。
百花堂・房バッグコレクションも、改めて紹介しますのでお楽しみに♪

近頃はリクエストに応じて受注生産することが多くなっています。既製服であろうと、オーダーメイドであろうと、一点ずつの手作りですから、お時間さえいただければ製作可能です。お手持ちの着物や反物でも対応可能です。「洗える着物」の材料代は極力低く設定していて、浴衣ドレスなんかだと、多少でも数をまとめて作るから低価格が可能なのです。お持ち込みの場合、費用はその型のベースライン程度です。(改めて設定するつもりです)

ウール 葡萄ラップドレス

ウール葡萄ラップドレス

深みの秋色、ウールのラップドレスを紹介します。

無地ウール(着物地)でスーツを作ったことはありますが、ワンピースは初めてです。
今回は、シックで雰囲気ある葡萄柄のウール反物を入手したので、普段着〜お洒落着に素敵なラップドレスに仕立てました。

ウール葡萄ラップドレス ウール葡萄ラップドレス

ウール葡萄ラップドレス ウール葡萄ラップドレスup

プリントではなく織り柄です。葡萄茶(えびちゃ)色の葡萄の葉と、地の黒糸が影響し合って、地色は黒い焦げ茶色。深い色味が渋いですが、柄いきに華があるので、存在感があります。

シルクほど繊細でないので、気軽に着られます。
お洗濯はドライクリーニングか、エマールのような中性洗剤で手洗い+軽めの脱水をお願いします。

更に寒い季節には、ロングブーツやタートルネックセーターと合わせると暖かいですね。

このラップドレスはサイズの幅も広いので、是非、ご試着なさってみてください。
遠方の方にはお送りいたしますので、お問い合わせフォーム(contact)からご連絡くださいませ。


 

9号(7号〜11号サイズの方に対応します)

表地: 毛100%
裏地:キュプラ100%

¥37,000+税 (販売終了しました)

,

温習会

kabren-entrance750

春の「都おどり」を観に行ったことはありますが、秋の温習会は未体験。親戚の伯父様のご縁で、先日、初観劇することができました。

soshina

伯父の先代からのお付合いだという「イ」(にんべん)お茶屋の芸妓さん、豆弘さん目当て。こちらは、代々お茶屋の娘さんで、生まれながらにして、なるべくしてなられた生粋の祇園芸妓さんです。今や全国から憧れて舞妓になられる方が多いなか、大変貴重な存在だと思います。

kabren-entrancejpg

kabsen-seki

舞台や芸舞妓さんの写真は撮れませんでしたが、歌舞練場の雰囲気だけ・・・

私は知りませんでしたが、この温習会を最後に、この祇園歌舞練場を建て替えしはるんですってね。
古くて味のある建物、私は好きなので、何やら寂しいです。

そして、おどりの舞台はというと、春の華やかな都おどりに比べて、井上流の日本舞踊、唄をじっくり魅せてくれます。艶やかな京の美意識が詰まった舞台でした。

豆弘さんは、男役の豆花さんと二人で「鳥辺山」を踊られました。
伯父に連れられて何度かお茶屋に行かせてもらってますが、舞台での豆弘さんは最高に美しかったです。
一瞬でも、切り取った写真が欲しいのですが、心には遺っています。
伯父も、「普段の豆弘は色気もあらへんのに、舞台では残像までもが美しい」とご満悦。
豆弘さんはお茶屋の女将として若い芸舞妓を仕込みながら、お茶屋、スナック経営をされていますから、そら、しっかりもしはります。

miw-ninben

温習会が終わってから、お茶屋「イ」に向かったのですが、女将ご本人が舞台に立ったということで挨拶回りにご多忙中。感動をお伝えしたかったのに会えませんでした。

chuka-noren

そして、隣の中華料理屋さんでお食事をしました。

miw-sach_chuka
母と。

tantanmen
白担々麺と黒担々麺、餃子・・・

miw-shirakawa2
白川沿いにて。

kanzashi-all

私がつけていた帯留、かんざし。こんなにいっぱい付けても派手すぎません。
なかなか、着物まで着て、似合うところにお出かけできませんから・・・遊ばせてもらいます。
売るほどありますからね〜
いや、本気でネット販売予定です。宝物みたいなコレクション・アイテムですが、使ってお見せしたい。
ほんまもんの素材、細工、デザインに目が肥えてしまいますが、それらを使いこなしてこそ、品格・・・ではないでしょうか?ちょっと、そんな大げさな気持ちを持って服作りもしてるんです。言うたって、誰かが遺してくれたものを材料にするんですから・・・昔の人の美意識がすごいんです〜

obidome-kiku_upobidome-kiku_up1

この度の着物は、藍染の菊の小紋に菊の染め帯。陶器の菊の帯留。菊づくしです。。。

kiku-kanzashi_upcho-kanzashi_up

頭にも、菊の葉っぱのかんざしを刺しました。琥珀に真珠。お気に入りすぎて、毎秋、つけています。
そして、百花堂の定番、翡翠色の蝶々かんざし、真珠付き。爽やか、華やかになるので、季節、和装洋装問わず、年中使えます。

141127霊艦寺BostonBG
紅葉の東山
昨年の秋も、着物で持っていたベルベットのバッグ。秋気分いっぱいの使いやすいバッグです。

ハイネックボウタイ・ブラウス黒絽縮緬

ネックボウタイブラウス

ブラウスの新作を紹介します。
首元でハイネックにボウタイを結ぶタイプの、裾に向かって広がるフレアーブラウスです。
肩の上部にスリットが入り、美しく肌を覗かせます。

tp041-002brb_bm009tp041-002brb_bm009bac

後ろはおしりが隠れる長さ。ふわりとルーズな着心地です。後ろで蝶結びをするとリボンが大きめで、前はスッキリ。後ろ一つボタンの被りなので、着るのが簡単。前に開きがないので、チョーカーやネックレスが映えます。
肘下に袖口のカウスがあり、丸結びをします。

ハイネックボウタイブラウスハイネックボウタイブラウス

 

ハイネックボウタイブラウス

このブラウスは丈が長めなので、帯ベルトで締めてブラウジングさせても余裕があります。ボウタイを前サイドで結ぶと首元が綺麗に決まります。

ハイネックボウタイブラウス、帯ベルトハイネックボウタイブラウス、帯ベルト

上の写真は、細身の方がLサイズの帯ベルトをローウエストで締めた場合。
下の写真はジャストウエストに締めた場合。ブラウスの裾をスカートの中に入れても素敵です。

ハイネックボウタイブラウス、帯ベルト

こちらの生地は、絹の絽縮緬です。サラサラの絽より柔らかくドレープ性があります。
透け感がありますので、黒のインナーを着てください。写真のマネキンは黒の○ニクロ・ブラトップです。


 

7号〜13号の方に
絹100% (絽縮緬)

¥29,000+税(販売終了しました)
絹黒にて、オーダー可能です。

松田美緒ライブ『クレオール・ニッポン』

松田美緒ライブ160813

昨夜、久々に我らが歌姫、松田美緒のライブに参加しました。

松田美緒さんは本能的に嗅ぎつけ、魂の動きに沿ってまっすぐ向かわれる素敵な女性です。もう数年前になりますが、閉店後の明かりが灯る百花堂に引き寄せられてやって来られたのが出会いです。日本の美意識を結晶した私ども百花堂の世界に、純粋な感動を覚え、早速ドレスをお買い上げになりました。

そんな出会いから数年、日本じゅう、そして南米やヨーロッパなど大西洋を航海しながら、『土地と人々に息づく音楽のルーツを魂と身体で吸収し表現する”現代の吟遊詩人”』を、まさに体現されています。

しばらくぶりのあいだ、歌を追い求めて日本の土地を巡り、作者不明の、魂から紡ぎだされ歌い継がれた歌を発掘する活動をされていました。それらの歌を現代的な感性で演奏され、「クレオール・ニッポン」というCDブックに収めて発売されています。昨夜のライブでも、発掘された日本の歌を数曲歌われ、いわゆる民謡とは異にする新鮮さに衝撃を受けました。

『クレオール・ニッポン』をライブ終了後に購入し、サインをいただきました。
本をじっくり手に取りながら聴いていると、まさに魂の歌。日本の多様性、辿ってきた運命をリアルに感じ取ることができます。美緒さんのオープン・ハートな歌声と心に響く演奏で、見事に蘇っています。美緒さんが発掘し表現してくれなければ、歌い継がれることもなく埋もれてしまうところだったかもしれません。

松田美緒の活動がドキュメント化され、10月2日(日)の深夜、日本テレビにて放送されます!

松田美緒2016-8-13

海波を地紋に絞り染を施した絹ドレス、「揚羽蝶スリーブドレス」を着た美緒さん。このドレスは、日本というルーツを持ちながら国境を超えた美緒さんの活動にぴったりの衣装です。本当に360度、どこから見ても素敵で、両手を上げるとまさにブラジルの青緑に輝く揚羽蝶のようでした。厚みのある豊かな音色、12弦ギターを弾くギタリスト山口亮志と。美緒さんの向こう側で演奏されているギタリスト大樹さんの多彩な演奏にも聴き惚れました。

客席の私の隣には三國シェフ、芸妓さん、と祇園らしく豪華なお客様がお揃いで大いに盛り上がった夜でした!

ゆかたラップドレスの洗濯

laundry_cottondress

伊勢丹新宿店イベントへ出張当初、ゆかたラップドレス1着しか持っていませんでした。滞在を延長すると決めて、自分のシルクのラップドレスを取り寄せました。
とりあえず、洗い替えができたということで、寝る前にお風呂場で手洗いし、洗濯機にたたんで入れ脱水1分以内回し、所々、ピンピンっと手で伸ばしてハンガーにかけて干しました。朝になったら、しっかり乾いてノーアイロンでも大丈夫。黒地なので、細かな糸くずをガムテープ(またはエチケットブラシ)できれいにしたら気になりません。
明るい色や化繊だと気にしなくても大丈夫です。

単独で(中性洗剤、洗濯石鹸、アルカリウォッシュなど)手洗いし、大まかにたたんで脱水機に30秒〜1分かけるのがポイントです。ほとんどノーアイロンで平気です。洗えるきものも同様にしてください。
脱水をかけ過ぎるとアイロンが難しくなりますし、うっかりかけすぎたら、もう一度濡らして脱水をかけ直すほうが無難です。

シルクドレスはドライクリーニング店でお願いします。
裏地のないブラウスは、過去のブログを参照してください。

cottonsatin-gr-wash2 wy-holter-iron3

夏期営業のお知らせ

2007-8-16蓮

残暑お見舞い申し上げます。

9月1日(木)まで、ご予約のお客様のための営業とさせていただきます。
たとえば、ご自分に合うサイズ、色柄の好みでドレスを作りたい、
遠方からの京都旅行に合わせて立ち寄りたい、
過去のブログで見た商品の在庫がなければリクエストしたい・・・
など、ご要望があればお問い合わせフォーム(contact)にてご連絡ください。

よろしくお願いいたします。